中古車 > 中古パーツ > パーツ特集 > パーツ特集企画
スバル BRZ ワンメイクスペシャル tuned by プローバ
スバル BRZ ワンメイクスペシャル

クルマをコントロールする楽しさと歓びが実感できるFRスポーツカーがBRZだ。
水平対向エンジンをより低い位置に搭載した
超低重心パッケージングにより優れたハンドリング性能を誇るが、
カスタマイズによってパフォーマンスはさらに増幅できる。

どんなシーンでもアクセルを踏み抜ける楽しさを追求する

 市場動向やユーザーニーズなど、スポーツカーを取り巻く環境は著しく変化したが、スバル・BRZはそのなかにあって確固たる地位を築いている。トヨタ・86とともに鳴り物入りで登場したスポーツカーとあって、デビューするやいなやカスタマイズパーツが各社から続々とリリースされるなど、いまだ注目度が高い。とくに機能系アイテムは86用が装着可能(逆パターンもある)となるため、選択肢はかなりの数に上る。

 クルマをイジるにはとても喜ばしいことなのだが、ミスチョイスが生じることが間々ある。本来、純正の物足りなさを補ったり、ポテンシャルを向上させたりするのがパーツ交換の目的だが、BRZの場合はその例に当てはまらないこともある。「ノーマルのパッケージングが良すぎるので、どこかひとつ変えると、それが崩れてしまうんです」とは、スバル車専門チューニングメーカー「プローバ」の佐藤さんだ。

 メーカーはクルマを開発する段階でタイヤ、サスペンション、ボディなど各部の調和を図っている。だからパーツの交換は、バランスをあえて崩す行為だといっていい。例えばBRZの場合、ノーマルのサスペンションは純正装着タイヤ(エコ性能も考慮されている)でセッティングを煮詰めている。これをハイグリップラジアルに換えると、サスペンションとのマッチングがちぐはぐになってしまう。グリップを上げてハンドリングを良くしようという狙いがハズれ、FRスポーツならではのファンな運転感覚をスポイルされてしまうのだ。

 決してパーツを換えないほうがいいというわけではない。当然ながらパーツにはそれぞれに効果があるので、換えることによってパフォーマンスアップするのは間違いない。しかし、ある部分が突出すれば、他の部分になにかしらの影響が生じる。どんなクルマでもそうだが“チューニング=調律”であることを鑑みると、パーツ交換で得られる効果と生じた影響をいかに調和させるかがポイントになるわけで、BRZはその点をよりシビアに考える必要があるのだ。こう言うとネガティブに捉えられそうだがBRZをイジるうえでの注意点はその程度である。

 では、BRZカスタムの醍醐味とはなんだろうか。佐藤さんは「踏み抜く楽しさ」だと考える。

 ターボエンジンは高出力であるがゆえに、アクセルの踏み込みを自重しなければならない。持ち前のパワーを使い切るにはドライビングスキルも必要だ。BRZの2L自然吸気エンジンはお世辞にもハイパワーとは言いがたい。しかしワインディング、サーキットでもアクセルを躊躇せずに踏み込んでいけるから、爽快なフィーリングを味わえるのだ。

「NAエンジンなので、アクセルを思い切って踏み込んでいける。だから、全開時間をいかに長くできるかがポイントになります。エンジンのパワーよりも、サスペンションのセッティングがキモです。そこに活路を見出すとドライビングが心底楽しいと思えるクルマを作れるんです」

 200psを発生し、シャシー剛性も高い。足回りのセッティング次第でスタビリティを高める、あるいはリヤを流しやすくするといったことも可能だ。「ノウハウをもつショップに任せるのもいいのですが、それだと単なるデモカーにしかならない。完成度は高められますが、それは面白くない。自分がBRZをどう使っているのか、なにが不足していて、どう仕上げたいのかを考えておくことが肝要ですね」

EXTERIOR

スポーティなスタイルを演出しエアロダイナミクスも向上させる

エアロパーツはファッション性はもちろん、機能面でもハイレベルな仕上がりとなっている。フロントアンダーリップ、サイドアンダーステップは大きめに張り出したデザインとし、空力特性を引き上げることで車両の安定性確保に貢献する。リヤは前方からの空気の抜けを考慮した迫力ある造形が特徴だ。中央からサイレンサーを出せるようデザインされているが、純正のダブル出しにも対応できるのがミソだ。ドアミラーは光学特殊コーティングが施された広角・防眩ミラー(ブルーもあり1万800円)を採用。どれも機能に則したものとなっている。
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

INTERIOR

プレミアム感を高めながら優れた機能性にもこだわる

ステアリング、インテリアパネルの表皮を合成スウェードとし、コクピットのクオリティを高め、プレミアムなテイストを再現できる。エアコンダイヤルは、切削加工によって実現したシェイプにより操作性を高め、ブラックアルマイトの素材感と相まって精悍な印象を際立たせている。シフトノブ、サイドブレーキのカバーもワンポイントのアクセントとして効果があり、満足度を高めるアイテムとしてオススメだ。
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR

The Roots of BRZ

スバル独自の水平対向エンジンを
搭載した本格派のFRスポーツ

トヨタ・86の兄弟車で、搭載されるメカニズムはほぼ共通となっている。オーソドックスなクーペフォルムを採用したピュアスポーツに思えるが、エンジンのパワーをあえて控えめとし、乗り心地やハンドリングも決してシビアなセッティングではないため、爽快なスポーツドライブを誰にでもイージーに楽しめる。

BRZ

TUNER

プローバ
プローバ
プローバ
住所:神奈川県横浜市都筑区早渕3-30-8
TEL:045-591-5501
WEB:https://www.prova.co.jp

BRZをはじめとしたスバル車用のパーツ開発、チューニングに関して30年に渡る知識と経験、さらに実績をもち、スバリストから絶大な支持を集めている。同社のパーツは高い品質を誇り、クルマのパフォーマンスアップを高い次元へと引き上げる。カスタマイズはもちろん、メンテナンスにも対応してくれる。

Page1 ワンメイクスペシャル スバル BRZ
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル スバル BRZ)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧