中古車 > 中古パーツ > パーツ特集 > パーツ特集企画
スバル レヴォーグ ワンメイクスペシャル tuned by DAMD(ダムド)
スバル レヴォーグ ワンメイクスペシャル

スバルが持つワゴン作りのノウハウを凝縮したハイレベルな実用性もさることながら、
力強い走りと安全性能の両立を実現したレヴォーグ。スポーティなスタイリングは、
カスタムベースとしても魅力的だ。今回は、スポーティ感を追求した見本となる1台を紹介しよう。

ベーシックなワゴンから
脱却する攻撃的スタイル

 今や国産車唯一といえる「スポーツワゴン」がスバル・レヴォーグだ。アグレッシブなスタイリングと全グレードにターボエンジンを搭載する4WD車ということで人気のレヴォーグは、運動性能や操縦性能にも優れているのはもちろん、ラゲッジの使い勝手などステーションワゴンとしての機能も追求されている。またアイサイトなどの安全装備が充実しているのもスバル車ならではの魅力だ。

 そんなレヴォーグをカスタマイズする場合、スポーツ性能を向上させるようなチューニングと、スタイリングを高めるドレスアップがあるが、どちらも方向性としては「スピード感」を高めるようなパーツ選びがポイントとなるだろう。

 スポーティなエアロパーツブランドとして人気の「DAMD(ダムド)」が手掛けたレヴォーグは、スポーツワゴンのイメージがさらに強調され、アグレッシブなスタイリングに変身。フルバンパータイプのフロントスポイラーと一体交換式のフロントフェンダーにはインテークダクト、アウトレットダクトが設けられており、まるでレーシングカーのようだ。

 それもそのはずで、実はこのエアロパーツ(プログレッシブシリーズ)はレーシングカー用として開発されたものなのだ。レヴォーグにはコンポーネンツを共用するWRXというモデルがあるが、ダムドがスーパー耐久レースに参戦するWRXに装着するためにエアロパーツを制作してみたところユーザーから「レヴォーグにも付けられないか?」という問い合わせがあり、それをきっかけに「レヴォーグとWRXのコラボ」が実現した。もともとレース用に開発されたエアロパーツだけに、スタイリングだけでなく、空力性能やエンジンルームの冷却性能など、機能面での性能も向上させることができる。ターボエンジンをチューニングして、パフォーマンスが向上したようなクルマにも対応しているというわけだ。

 もともと、ダムドはレヴォーグの発売直後からエアロパーツを制作しており、それは現在もダムドのパーツラインナップには存在している。ノーマルバンパーをベースにリップスポイラーやエクステンションパネルを追加するスタイルのエアロパーツで、オーバーフェンダーはノーマルフェンダーに被せるタイプとなっているが、ノーマルのボディラインを活かしたスポーティなデザインで、レヴォーグユーザーのファンも多い。

 これに対してプログレッシブシリーズのエアロキットは、リヤフェンダーやリヤアンダースポイラー、ルーフスポイラーは基本キットと同じものを使い、フロントバンパーとフェンダー、そしてサイドステップ(サイドエクステンション)を専用タイプとしている。ダムドはシャープでエッジの効いたボディラインを持つレヴォーグを、さらにスポーティに仕立てるため、スタイリッシュなエアロキットとプログレッシブシリーズという、2タイプのエアロパーツを用意したというわけである。フェンダーの形状に特徴があるエアロキットは、それだけでもダムドデザインならではの存在感を発揮するが、プログレッシブシリーズはさらに迫力のあるデザインで、「フロントとリヤで異なる印象のスタイリングを楽しめる」という点も売りとなっている。

 というわけで、スポーティかつアグレッシブなフロントバンパー&ワイドフェンダーのエアロキットだが、そのスタイリングを活かすには、車高やホイールとのマッチングも重要だ。純正では18インチのホイール&タイヤが装着されているが、やはりワイドで迫力のあるフェンダーに組み合わせるには、最低でも19インチ、できれば20インチのホイールを選びたい。このクルマではレイズ・ヴァルツ・フォージド S7の20インチを履かせているが、デザインに関してもただスポーティなだけでなく、重厚感のあるものがプログレッシブ・エアロキットには似合う。そして、ワイドで大径のホイールを装着するとなれば、車高も少し下げたいところ。「リアルスポーツツアラー」としては、ローダウンはほどほどに、ワインディングやハイウェイでの走行性能も向上させるような、サスペンションセッティングを目指すべきだろう。

EXTERIOR

ひと手間加えるだけでスポーティ感がより強調される

WRX・S4/STI用に作られたフロントバンパーとワイドフェンダーをレヴォーグに装着。ノーズはわずかに長くなり、ボンネットやヘッドライトは純正のまま(ウインカーやフォグランプも純正を移植)だが、押し出し感が強くなる。メッシュグリルもスパルタンだ。バンパーのインテークダクトはエンジンルームへの冷却風導入とブレーキの冷却、タイヤまわりの整流に効果を発揮する。冷却性能、ダウンフォース性能ともにレーシングカーで実証済みだ。オプションのアンダースポイラーを同時装着することで、さらにロー&アグレッシブなスタイリングになる。
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

FENDER

ドレスアップ効果だけでなく機能性も重視したオリジナルフェンダー

フロントフェンダーはもともとWRX用に製作されたものだが、レヴォーグとWRXとではフェンダーの形状が異なるため、レヴォーグ用に加工し、専用のサイドステップと組み合わせている。車幅はダムドのオーバーフェンダーを装着した場合よりややワイドになり、車高の設定によってはホイールのインセットを調整する必要がある(装着ホイールは20×8.5J+45mm)。フェンダー上部のスリットダクトはエンジンルームの熱気を効率よく排出させ、フェンダー後部のダクトはタイヤまわりの乱流を整流する効果があるという本格的なエアロフェンダーだ。
FENDER
FENDER

The Roots of LEVORG

スバルの情熱と技術力が結集した渾身の1台
走れて便利なステーションワゴンが今アツい

2014年にレガシィツーリングワゴンの後継車として販売が開始されたレヴォーグ。4代目インプレッサをベースとしたスポーティなルックスと、優れた走行性能に加えファミリーカーとして運用できるほどの広い室内空間とトップクラスの安全性能を兼ね備えた、魅力的なクルマに仕上がっている。

LEVORG

TUNER

DAMD(ダムド)
DAMD(ダムド)
DAMD(ダムド)
住所:神奈川県大和市下鶴間45-2
TEL:0120-53-9991
WEB:https://www.damd.co.jp

商品企画、開発、生産、販売までを一貫して行うカスタマイズパーツメーカーのダムド。カスタムカーイベントで信頼と実績を勝ち得てきた製品クオリティは、愛車の魅力を高次元まで引き上げてくれる。エアロパーツをはじめ、シートカバーやキーケースなどのオリジナルアイテムも豊富にラインナップする。

Page1 ワンメイクスペシャル スバル レヴォーグ
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル スバル レヴォーグ)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧