ディーラーで安心・信頼のカーライフ 専門メカニックによる高品質なアフターサービス。プロの知識と技術が安心のカーライフをサポートします。
  • 愛車のメンテナンスは、
    最寄のディーラーがサポート

    愛車のメンテナンスは、最寄のディーラーがサポート

    全国に展開する店舗網がディーラーの強み(一部メーカーを除く)。引越しても最寄りのお店が愛車をサポート。

  • 万が一のリコール対応も
    ディーラーにお任せ!

    万が一のリコール対応もディーラーにお任せ!

    あなたの愛車がリコール対象になったら、まずはお近くのディーラーまでご相談を。
    予約が埋まっている場合もあるのご連絡はお早めに。

  • 多くの実績と最新の技術力。
    ハイブリッドやEVも歓迎!

    多くの実績と最新の技術力。ハイブリッドやEVも歓迎!

    自社の取り扱い車種に詳しいのがディーラーの強み。多くの整備実績と、最先端技術で安心のカーライフをサポートいたします。

ディーラーを探す

リコール情報

リコール情報

いすゞ バス2車種 乗客が扉に挟み込まれる恐れ 2019/11/14 (木)

「エルガ」「エルガミオ」の統合制御コントローラに不具合があり、乗客が扉に挟み込まれる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。バスの統合制御コントローラで、扉挟み込み防止機能の制御プログラムが不適切なため、扉閉作動中にアクセルペダルを踏み込むと、扉挟み込み防止機能が作動を停止し、乗客が扉に挟み込まれる恐れがある。(R+編集部)

一週間のニュース

2019/11/15 (金)

該当ニュースはありません

2019/11/14 (木)
いすゞ バス2車種 乗客が扉に挟み込まれる恐れ

「エルガ」「エルガミオ」の統合制御コントローラに不具合があり、乗客が扉に挟み込まれる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。バスの統合制御コントローラで、扉挟み込み防止機能の制御プログラムが不適切なため、扉閉作動中にアクセルペダルを踏み込むと、扉挟み込み防止機能が作動を停止し、乗客が扉に挟み込まれる恐れがある。(R+編集部)

住友 振動ローラHW41VWH-6 走行中エンジン停止恐れ

「HW41VWH-6」の燃料装置(燃料タンクキャップ)に不具合があり、走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、日立建機より国土交通省にリコールを届け出た。ロードローラ(振動ローラ)の燃料タンクで、タンクキャップの選定が不適切なため、ブリーザーのないものが取り付けられている。そのため、燃料消費によってタンク内に負圧が生じ、エンジンへの燃料供給が滞り回転が不安定になり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し急制動する恐れがある。(R+編集部)

日立 小型振動ローラ2車種 走行中エンジン停止恐れ

「ZC35C-5」「ZC50C-5」の燃料装置(燃料タンクキャップ)に不具合があり、走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。ロードローラの燃料タンクで、燃料タンクキャップの選定が不適切なため、ブリーザーのないものが取り付けられている。そのため、燃料消費によってタンク内に負圧が生じてエンジンへの燃料供給が滞り、エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し急制動する恐れがある。住友「HW41VWH-6」についてもあわせてリコールを届け出た。これまでに不具合が3件、事故はない。(R+編集部)

BMW 6車種 異音・エンジン破損の恐れ

6車種の原動機(エンジン)に不具合があり、エンジンが破損する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。直列4気筒エンジンで、バランスシャフト軸受の圧入荷重が不足しているため、エンジンの熱や振動により軸受が外れることがある。そのため、異音が発生するとともにエンジンが破損する恐れがある。(R+編集部)

トヨタ スープラ 異音・エンジン破損の恐れ

「スープラ」のバランスシャフト軸受に不具合があり、エンジンが破損する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。直列4気筒エンジンで、バランスシャフト軸受の圧入荷重が不足しているため、エンジンの熱や振動により軸受が外れることがある。そのため、異音が発生するとともにエンジンが破損する恐れがある。(R+編集部)

ふそう大型観光バス2車種 リッド用ダンパー不具合

「ふそうエアロエース」「ふそうエアロクィーン」の車体(リッド用ダンパー)に不具合があり、リッドが脱落する恐れがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。大型観光バスで、トランク及びエンジンリッド用ダンパーのボールスタッドの締付トルク指示が不適切なため、当該ボールスタッドが過大なトルクで締め付けられたものがある。そのため、リッドの開閉を繰り返すことにより、ボールスタッドが緩んでダンパーが外れ、最悪の場合、当該リッドが全開状態を保持出来ず、落下する恐れがある。これまでに不具合が4件、事故はない。(R+編集部)

ルノー メガーヌR.S. エンジン破損の恐れ

「メガーヌR.S.」の原動機(エンジンオイル油圧調整用ソレノイドバルブ)に不具合があり、エンジンが破損する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。エンジンオイルの油圧を調整するソレノイドバルブの配置位置が不適切なため、エンジン内で発生した微細金属がノズル内部に入り、バルブを固着させることがある。そのため、油圧調整不良となり、油圧警告灯が点灯したり異音が発生し、最悪の場合、エンジンが破損する恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

2019/11/13 (水)

該当ニュースはありません

2019/11/12 (火)

該当ニュースはありません

2019/11/11 (月)
日産 盗難防止用ホイールロックナット破損の恐れ

日産純正後付け盗難防止用ホイールロックナットに破損の恐れがあることから、回収する。販売店装着オプションとして販売した盗難防止用ホイールロックナットで、2WD仕様車のリヤハブボルトに対してロックナットのねじ深さ検証が不十分なため、ハブボルト先端とロックナット底部が干渉する場合がある。そのため、ロックナット装着時に、ロックナットが破損する恐れがある。これまでに不具合が1件、事故はない。(R+編集部)

三菱 マックガード製ホイールロックナット破損恐れ

三菱純正用品 マックガード製ホイールロックナットに破損の恐れがあることから、回収する。販売店装着オプションとして販売したマックガード製ホイールロックナットで、2WD仕様車のリヤハブボルトに対してロックナットのねじ深さ検証が不十分なため、ハブボルト先端とロックナット底部が干渉する場合がある。そのため、ロックナット装着時に、ロックナットが破損する恐れがある。これまでに不具合が3件、事故はない。(R+編集部)

日産 DAYS 走行中エンジン停止の恐れ

「DAYS」の電気装置(エンジンコントロールハーネス)に不具合があり、走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、三菱自動車工業より国土交通省にリコールを届け出た。過給機付エンジン車のエンジンコントロールハーネスで、配索が不適切なため、走行時の振動で当該ハーネスがインタークーラーのケースと接触することがある。そのため、当該ハーネス内の電線の被覆が削られて短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止する恐れがある。(R+編集部)

三菱 eKクロス 走行中エンジン停止の恐れ

「eKクロス」の電気装置(エンジンコントロールハーネス)に不具合があり、走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。過給機(ターボ)付車のエンジンコントロールハーネスで、配索が不適切なため、走行時の振動で当該ハーネスがインタークーラーのケースと接触することがある。そのため、当該ハーネス内の電線の被覆が削られて短絡(ショート)し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止する恐れがある。日産自動車「DAYZ」についてもあわせてリコールを届け出た。これまでに不具合が6件、事故はない。(R+編集部)

マツダ 2車種 地デジTVチューナー不具合

「CX-5」「CX-8」について、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。地上デジタルTVチューナーで、テレビのチャンネル情報を記憶する素子の書き込み作業が不適切なため、チャンネル情報を記憶できないものがある。そのため、テレビを視聴するためには、IGオンの度にチャンネル情報をオートプリセットで取得する必要がある。(R+編集部)

マツダ 2車種 タカタ製エアバッグ再度リコール

「RX-8」「アテンザ」の助手席側エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。2013/04/11付届出番号「3142」、2014/06/23付届出番号「3376」、2015/12/25付届出番号「3731」のリコールで改善措置として乾燥剤が入っていないタカタ製の新品インフレータに交換したものについて、再度リコール届出をするもの。助手席側エアバッグのインフレータ(ガス発生装置)で、ガス発生剤が湿気のある状態で長期間の温度変化にさらされると劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損する恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

マツダ アテンザ タカタ製エアバッグ再度リコール

「アテンザ」の助手席側エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。2015/05/22付届出番号「3579」、2015/06/04付届出番号「3586」のリコールで改善措置として乾燥剤が入っていないタカタ製の新品インフレータに交換したものについて、再度リコール届出をするもの。助手席側エアバッグのインフレータ(ガス発生装置)で、ガス発生剤が湿気のある状態で長期間の温度変化にさらされると劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損する恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

ニッセキ ロータリ除雪車HTR308 エンジン停止の恐れ

「HTR308」の原動機(エンジンコントローラ配線)に不具合があり、エンジンが停止する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。ロータリ除雪車のエンジンコントローラ配線で、当該配線の配策指示が不適切なため、エンジン機器に接触しているものがある。そのため、走行振動等により配線が損傷し、短絡することにより警告灯が点灯して、最悪の場合、エンジンが停止する恐れがある。これまでに不具合が6件、事故はない。(R+編集部)

2019/11/10 (日)

該当ニュースはありません

2019/11/09 (土)

該当ニュースはありません

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c)2008 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.
リコールプラス