ディーラーで安心・信頼のカーライフ 専門メカニックによる高品質なアフターサービス。プロの知識と技術が安心のカーライフをサポートします。
  • 愛車のメンテナンスは、
    最寄のディーラーがサポート

    愛車のメンテナンスは、最寄のディーラーがサポート

    全国に展開する店舗網がディーラーの強み(一部メーカーを除く)。引越しても最寄りのお店が愛車をサポート。

  • 万が一のリコール対応も
    ディーラーにお任せ!

    万が一のリコール対応もディーラーにお任せ!

    あなたの愛車がリコール対象になったら、まずはお近くのディーラーまでご相談を。
    予約が埋まっている場合もあるのご連絡はお早めに。

  • 多くの実績と最新の技術力。
    ハイブリッドやEVも歓迎!

    多くの実績と最新の技術力。ハイブリッドやEVも歓迎!

    自社の取り扱い車種に詳しいのがディーラーの強み。多くの整備実績と、最先端技術で安心のカーライフをサポートいたします。

ディーラーを探す

リコール情報

リコール情報

VW 21車種 ポロ ゴルフ 他 走行不能の恐れ 2020/04/02 (木)

7速DSG型自動変速機に不具合があり、走行できなくなる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アキュムレータ取付け部のハウジング加工精度が不適切なため、始動時や渋滞走行などの大きな油圧変動が繰り返されると、ハウジングに微細な亀裂が発生するものがある。そのため、油圧が低下する とともに警告灯が点灯し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、走行できなくなるおそれがある。(R+編集部)

一週間のニュース

2020/04/05 (日)

該当ニュースはありません

2020/04/04 (土)

該当ニュースはありません

2020/04/03 (金)

該当ニュースはありません

2020/04/02 (木)
VW 21車種 ポロ ゴルフ 他 走行不能の恐れ

7速DSG型自動変速機に不具合があり、走行できなくなる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アキュムレータ取付け部のハウジング加工精度が不適切なため、始動時や渋滞走行などの大きな油圧変動が繰り返されると、ハウジングに微細な亀裂が発生するものがある。そのため、油圧が低下する とともに警告灯が点灯し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、走行できなくなるおそれがある。(R+編集部)

アヴェンタドール LP740-4 エンジンストール発生の恐れ

ランボルギーニ アヴェンタドール LP740-4の原動機(エンジンコントロールユニット)に不具合があり、エンジンス トールが発生する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。燃料噴射を制御するエンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、アイドリング状態で停車時にエンジン最小回転数を維持出来ないことがある。そのため、エンジンストールが発生するおそれがある。 (R+編集部)

いすゞ ギガ NOx排出値が基準値を超えるおそれ

「ギガ」の排出ガス発散防止装置に不具合があり、排出ガス中の窒素酸化物(NOx)の排出値が基準値を超える恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。大型トラックの排出ガス発散防止装置において、尿素水ホースの耐熱性が不 足しているため、DPD(粒子状物質除去装置)の熱により当該ホースが熱変 形し破損するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、尿素 水が漏れ、排出ガス中の窒素酸化物(NOx)の排出値が基準値を超えるおそれがある。(R+編集部)

2020/04/01 (水)

該当ニュースはありません

2020/03/31 (火)
大型路線バスのエンジンインテークエアヒータリレーに不具合

「大型路線バスのエンジンインテークエアヒータリレーに不具合があり、リレー及び配線の一部が焼損に至るおそれがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。大型路線バスのエンジンインテークエアヒータリレーにおいて、リレー内部電気接点 の耐久性が不足しているため、アイドリングストップ機能や、停留所等でのエンジン停 止始動を頻繁に繰り返すと、接点部がアーク放電により溶損することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、接点が溶着状態となり発熱して炭化・発煙し、最悪の場合、リレー及び配線の一部が焼損に至るおそれがある。(R+編集部)

大型路線バスのエンジンインテークエアヒータリレーに不具合

「大型路線バスのエンジンインテークエアヒータリレーに不具合があり、リレー及び配線の一部が焼損に至るおそれがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。大型路線バスのエンジンインテークエアヒータリレーにおいて、リレー内部電気接点 の耐久性が不足しているため、アイドリングストップ機能や、停留所等でのエンジン停 止始動を頻繁に繰り返すと、接点部がアーク放電により溶損することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、接点が溶着状態となり発熱して炭化・発煙し、最悪の場合、リレー及び配線の一部が焼損に至るおそれがある。。(R+編集部)

2020/03/30 (月)

該当ニュースはありません

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c)2008 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.
リコールプラス