ディーラーで安心・信頼のカーライフ 専門メカニックによる高品質なアフターサービス。プロの知識と技術が安心のカーライフをサポートします。
  • 愛車のメンテナンスは、
    最寄のディーラーがサポート

    愛車のメンテナンスは、最寄のディーラーがサポート

    全国に展開する店舗網がディーラーの強み(一部メーカーを除く)。引越しても最寄りのお店が愛車をサポート。

  • 万が一のリコール対応も
    ディーラーにお任せ!

    万が一のリコール対応もディーラーにお任せ!

    あなたの愛車がリコール対象になったら、まずはお近くのディーラーまでご相談を。
    予約が埋まっている場合もあるのご連絡はお早めに。

  • 多くの実績と最新の技術力。
    ハイブリッドやEVも歓迎!

    多くの実績と最新の技術力。ハイブリッドやEVも歓迎!

    自社の取り扱い車種に詳しいのがディーラーの強み。多くの整備実績と、最先端技術で安心のカーライフをサポートいたします。

ディーラーを探す

リコール情報

リコール情報

日産 DAYZ 先進事故自動通報システムに不具合 2020/01/24 (金)

「DAYZ」について、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。先進事故自動通報システムで、衝突速度やシートベルト装着情報を車両から取得するプログラムが不適切なため、乗員の死亡重症確率を正しく予測できない恐れがある。(R+編集部)

一週間のニュース

2020/01/26 (日)

該当ニュースはありません

2020/01/25 (土)

該当ニュースはありません

2020/01/24 (金)
日産 DAYZ 先進事故自動通報システムに不具合

「DAYZ」について、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。先進事故自動通報システムで、衝突速度やシートベルト装着情報を車両から取得するプログラムが不適切なため、乗員の死亡重症確率を正しく予測できない恐れがある。(R+編集部)

ホンダ 11車種 エアバッグが正常に開かない恐れ

11車種の運転席用エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。運転者席側エアバッグのインフレータ(膨張装置)で、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿することがある。そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰り返した場合など、エアバッグ作動時に正常に展開しない展開しない恐れがある。いすゞ自動車の2車種についてもあわせてリコールを届け出た。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

ホンダカナダ ラグレイト 運転席エアバッグ不具合

「ラグレイト」の運転席用エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。運転者席側エアバッグのインフレータ(膨張装置)で、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿することがある。そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰り返した場合など、エアバッグ作動時に正常に展開しない展開しない恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

ホンダオブアメリカ 2車種 運転席エアバッグ不具合

「インスパイア」「セイバー」の運転席用エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。運転者席側エアバッグのインフレータ(膨張装置)で、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿することがある。そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰り返した場合など、エアバッグ作動時に正常に展開しない展開しない恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

いすゞ 2車種 エアバッグが正常に開かない恐れ

「ジェミニ」「アスカ」の運転席用エアバッグについて、本田技研工業より国土交通省にリコールを届け出た。運転者席側エアバッグのインフレータ(膨張装置)で、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿する可能性がある。そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰り返した場合など、エアバッグ作動時に正常に展開しない恐れがある。(R+編集部)

2020/01/23 (木)
BMW 6車種 エアバッグが正常に開かない恐れ

6車種の運転席用エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)で、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿する可能性がある。そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰返した場合など、衝突時等のエアバッグ作動時に正常に展開しない恐れがあり、インフレータ内の圧力が上昇して容器が破損することにより、乗員が負傷する恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

トヨタ 21車種 エアバッグが正常に開かない恐れ

21車種の運転席用エアバッグについて、国土交通省にリコールを届け出た。運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)で、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿することがある。そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰返した場合など、エアバッグ作動時に正常に展開しない恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

2020/01/22 (水)

該当ニュースはありません

2020/01/21 (火)

該当ニュースはありません

2020/01/20 (月)
日野ポンチョ メンテナンスノートに一部記載漏れ

「日野ポンチョ」について、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。平成28年排出ガス規制に適合した小型バスのメンテナンスノートで、2年毎の定期交換部品であるトランスミッションオイルクーラホースの記載漏れがある。(R+編集部)

極東開発 脱着ボデー車 コンテナ脱着できない恐れ

脱着ボデー車「4tハイパースイング・フックロール」について、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。コンテナの脱着をコントロールする油圧バルブの配線コネクタ内基板の製造管理が不適切なため、当該基板に不純物が付着しているものがある。そのため、不純物の影響により回路が短絡してコンテナの脱着作業時に適切な信号が送られず、コンテナの脱着ができなくなる恐れがある。(R+編集部)

UD コンドル 助手席シートベルト不具合

「コンドル」の座席ベルト(巻取り装置)に不具合があり、座席ベルトが素早く引き出された際にロックしない恐れがあるとして、車両供給元のいすゞ自動車より国土交通省にリコールを届け出た。トラックの助手席用座席ベルトで、組付設備の調整が不適切なため、巻取り装置ロック機構部のスプリングが屈曲して組み付けられたものがある。そのため、当該スプリングが構成部品と干渉し、座席ベルトが素早く引き出された際にロックしない恐れがある。(R+編集部)

いすゞ トラック3車種 助手席シートベルト不具合

「ギガ」「フォワード」「エルフ」の座席ベルト(巻取り装置)に不具合があり、座席ベルトが素早く引き出された際にロックしない恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。トラックの助手席用座席ベルトで、組付設備の調整が不適切なため、巻取り装置ロック機構部のスプリングが屈曲して組み付けられたものがある。そのため、当該スプリングが構成部品と干渉し、座席ベルトが素早く引き出された際にロックしない恐れがある。ニッサン「アトラス」、UDトラックス「コンドル」についてもあわせてリコールを届け出た。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

ボルボ 6車種 EGR不具合 火災に至る恐れ

6車種のエンジン(排気ガス再循環装置)に不具合があり、火災に至る恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。ディーゼルエンジンの排気ガス再循環装置(EGR)で、排気ガス冷却装置の冷却方法が不適切なため、排気ガス中の煤が湿気を帯びることがある。そのため、煤がエンジンの吸気バルブへ堆積し密着不良を起こすことで、エンジンの出力低下やエンジン警告灯が点灯し、最悪の場合、インテークマニホールドが溶損し火災に至る恐れがある。これまでに国内で不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

スバル インプレッサ 後部座席シートベルト不具合

「インプレッサ」の座席ベルト等(中央リヤシートベルト)に不具合があり、シートベルトが素早く引き出された際にロックしない恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。後部座席中央用シートベルトで、組付設備の調整が不適切なため、シートベルトロック機構部のスプリングが屈曲して組み付けられたものがある。そのため、当該スプリングが構成部品と干渉し、シートベルトが素早く引き出された際にロックしない恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c)2008 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.
リコールプラス