メンテナンス・日常点検[2017.12.07 UP]

国内仕様は1994年で終了。海外では2008年まで販売された。

 2代目のサニー・トラックであるB120型が発売されたのは1971年1月20日。前年にフルモデルチェンジされたB110型サニーをベースとしている。当初のラインナップはショートボディのみで、ミッションは3速コラムと4速フロアを選ぶことができた。ロングボディが追加されたのは1973年5月1日。グレードはデラックスのみ。
 最初のマイナーチェンジが行われたのは1978年4月18日。荷台のロープフックが大型化され、フェンダーミラーをタルボ型に変更。バンパーのコーナーにラバーが付いた。シートはハイバックタイプに変更され、3点式1本ベルトのシートベルト、間欠ワイパー、ステアリングロック、助手席サンバイザー、パッシングライトを採用。メーターも丸型になった。
 1981年10月1日に2度目のマイナーチェンジ。主に排出ガス対策が行われ、最高出力が4psダウン。ICオルタネーターを採用し、ドアにポケットがついた。
 3度目のマイナーチェンジは1986年11月18日。全車にフロント合わせガラス、ELR付きシートベルトを採用して安全性をより向上させている。
 シリーズ最後となる4度目のマイナーチェンジが1989年10月24日。角型ヘッドライトを採用してイメージを一新。フロントブレーキがディスクになった。バンパーはメッキから黒のペイントになり、グレイッシュブルーメタリックのボディカラーを新たに追加している。1994年3月に、日本国内では惜しまれつつ生産が終了されたが、南アフリカでは「1400BAKKIE」という名称で2008年7月まで生産が続けられた。

前期 1971-1977

3速コラムシフトは 前期型だけに設定された
メッキのライトリムとステンレス製のグリルを備え、B110のセダンに良く似た顔つき。荷台の側面には筆記体の「Sunny」というエンブレムがつく。3速コラムシフトが選べるのはこのモデルまで。1973年にロングボディが追加されている。荷台の延長だけでなく、プロペラシャフトも変更。この時、ショートボディも共にマスターシリンダーがタンデム式になっている。

中期 1978-1989

フロントグリルを樹脂製に変更。キャビンの居住性向上も図られた
フロントバンパーの左右にゴム製のコーナーラバーを追加。フロントグリルはサニーGXと同じデザインの樹脂製に変更された。フェダーミラーも金属製からタルボ型の樹脂製に変更。シートはハイバックタイプとなり、傾斜角度が広がりポジションが調整しやすくなった。メーターは3連タイプに変更し、助手席のシートベルトは標準となった。リヤゲートにチェーンを追加した。

後期 1989-1994

ライトが角型タイプに変更。装備充実のDXグレードのみの設定
角型のヘッドライトと横スリットグリルへ変更され、バンパーはメッキから黒のペイントへ。グリルには「NISSAN」のエンブレムが付く。内装が黒からグレーに変更となり、シート生地はセンター部分がベロアクロスになった。フロントブレーキがディスクにグレードアップし、タイヤはラジアルが標準。ボディタイプは標準とロングの2タイプ、グレードはデラックスのみ。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.