カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2019.04.25 UP]

ドライブレコーダー映像の再生方法・見方

ドライブレコーダーは、目撃者のいない事故に巻き込まれてしまった時や、事故の相手方と主張が食い違っている時などに有効な証拠になり得る便利なアイテムです。近年は危険な煽り運転も増加しているため、その抑止力のために取付けている方も多いのではないでしょうか。しかし、せっかくドライブレコーダーを取付けていても、録画した映像の再生方法を知らないままでは宝の持ち腐れになってしまいます。今回は、4つのドライブレコーダー映像の再生方法・見方を取り上げて解説します。

ドライブレコーダー本体のディスプレイで再生する方法・見方

ドライブレコーダー本体のディスプレイで再生する方法・見方

ドライブレコーダーの映像を見る最も簡単な方法が、ドライブレコーダーの本体ディスプレイで再生する方法です。配線などを繋ぐ必要がないので、ボタンの操作だけ覚えておけばOKなのがポイントです。ただし、ドライブレコーダー本体の大きさにもよりますが、画面が小さく見づらい可能性があります。

・ドライブレコーダー本体の「メニューボタン」を押します。
・「ファイル再生」を押し、OKボタンを押せば映像が流れます。

ドライブレコーダーの機種によって操作方法は異なりますので、事前に取扱説明書で再生方法を確認しておきましょう。

パソコン(PC)で再生する方法・見方

もう少し大きな画面で映像を見たい、という時にはパソコン(PC)で見てみましょう。ドライブレコーダーに入っているSDカードを抜き取り、パソコンに繋ぐだけでOKです。ただし、パソコンにSDカードリーダーが付属していない場合は、専用のカードリーダーが必要になります。ここで注意しておきたいのが、前準備なしにはドライブレコーダーの動画の再生ができない可能性があるということです。ほとんどのドライブレコーダーは、多くのPCでプリインストールされている動画再生アプリで対応可能ですが、稀に専用のビュワーが必要な商品もあります。こちらも事前に再生できるソフトウェアなどについて取扱説明書で確認しておきましょう。

テレビ(TV)で再生する方法・見方

ドライブレコーダーの映像を大人数で確認したい時に便利なのが、テレビ(TV)で再生する方法です。テレビ画面で再生する方法としては、テレビにSDカードリーダーを繋げる方法と、ドライブレコーダー本体をテレビに繋げる方法があります。もし、ドライブレコーダーにRCAやminiHDMIなどの出力端子がある場合は、DVDデッキなどをテレビに繋げる配線と同じ要領でドライブレコーダーとテレビを接続させることで、ドライブレコーダーの映像をテレビ画面で再生することができます。

スマホ・タブレットで再生する方法・見方

ドライブレコーダーの中には、Wi-Fi通信に対応している商品もあります。そのような商品の場合は、スマホやタブレットで映像を再生するのが簡単で楽なのでおすすめです。この場合、事前にスマホやタブレットに、そのドライブレコーダー専用のビュワーアプリをインストールしておく必要があります。以上のように、ドライブレコーダーの映像の再生方法には色々なものがあります。再生が必要なシーンによって、どの再生方法が最適かは変わりますので、その時々に合った再生方法を選びましょう。尚、今回ご紹介した再生方法はどれも商品によって多少の差異があります。ドライブレコーダーを購入する際にも、どのような再生方法があるのかを確認してから選ぶようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.