グーネット

ミッション・駆動系修理・整備[2019.06.25 UP]

フルタイム4WDとパートタイム4WDの違いとは

ドライバーによる切り替え操作を必要としないのがフルタイム4WD。手動切り替えによって2輪駆動と4輪駆動を選択するのがパートタイム4WD。
今ではフルタイム方式が4WDの主流となっている。

フルタイム4WD
前輪と後輪が常に繋がり、ドライバーの介入なしに4輪駆動となっているのがフルタイム4WD。この方式が成り立つ前提となっているのがセンターデフや前後駆動力配分機構。センターデフには複数の方式があり、LSDと組み合わされている。乗用4WDのほとんどがこの方式を採用している。

パートタイム4WD
通常は前後どちらかの車輪を駆動し、ドライバーが手動で切り替えることによって他の車輪にも駆動力が伝えられるのがパートタイム4WD。軍事用や産業用として開発され、一部のSUVにも採用されているが、現在では少数派となっている。

 1900年代の初めに軍用車として開発されたのが4WDのルーツといわれている。ダイムラーについでアメリカではジープが開発された。ジープは第2次世界大戦をはじめ、地球上のあらゆる紛争地でめざましい機動力を発揮した。
 しかし軍用ではない4WDの登場もそれと同じほど古い。1902年にレースやヒルクライムのために開発されたオランダのスパイカーはセンターデフと2速のトランスファーを備えていたし、アメリカではインディ500レース用としてミラーが登場した。GPレースも例外ではなかったし、F1でもロータス63、マクラーレンM7、マートラMS84がサーキットを走った。タイヤの進化とともにレースシーンから4WDは撤退し、4輪駆動といえば軍用車やそれをベースにしたヘビーデューティなものを連想するようになった。これらの4WDはトランスファーによって2輪駆動と4輪駆動を切り替えるものでパートタイム4WDといわれる。
 乗用車に4WDを復活させたのは国内では富士重工が最初だ。レオーネバンに4WD機構を組み込んだ。しかしそれはパートタイム4WDであって、本格的なフルタイム4WDの登場は1980年のアウディ・クワトロまで待たなければならなかった。

全自動or手動切り替えの違い

フルタイム4WDは全自動。
パートタイムはドライバーが手動で切り替える。

フルタイム4WDはタイヤと路面の接地状況を回転センサーによって検知し、無駄のない最適なグリップが得られるように駆動力が配分される。センターデフの方式によっては通常は2輪駆動で走るものもある。

 パートタイム4WDは通常は2輪駆動で走り、ドライバーがトランスファーレバーを操作すると4輪駆動に切り替わる。路面状況をドライバーが正確に把握する必要がある。

パートタイム4WDとフルタイム4WDの大きな違いはその名のとおり、常に4輪駆動になっているか、あるいは手動で2輪駆動と4輪駆動を切り替えるかにある。
 パートタイム4WDは前後に駆動力を配分するトランスファーがあり、これを切り替えることによって2輪駆動と4輪駆動を選択できる。ドライバーが4輪駆動が不要だと思えば、それを操作して2輪駆動に変えられる。多くのパートタイム4WDはFR車をベースにしたもので、2輪駆動時はFRとなる。
 フルタイム4WDはドライバーの意思と関係なく、前輪と後輪に駆動力が分配されるもので、常時4WD、オンデマンド4WD、アクティブトルクスプリット4WD、e-4WDに大分できるが、手動で2輪駆動に切り替えられるタイプもある。フルタイム4WDは前後で決められた配分の中で駆動力を分配し、オンデマンド4WDは通常は2WDで走り、駆動輪がスリップすると4WDとなる。アクティブトルクスプリット4WDは多板クラッチを電子制御し、走行状態に合わせてリアルタイムで駆動力を配分する。後輪の駆動にモーターを用いるものもあるし、ハイブリッド車では後輪専用の駆動モーターを搭載する車種もある。

乗用4WDのパイオニア

国産車はスバル・レオーネ、初のフルタイムはセンターデフを付けたアウディ・クワトロ 
 4WDは長い間産業用や軍事用として使われていたが、1972年にスバル・レオーネバン4WDが登場してから、4WDは乗用車にも採用されるようになった。初期のスバルはパートタイム式だったが、レオーネの進化とともにフルタイム化される。
 もう一台のパイオニアは1980年に登場したアウディ・クワトロだ。センターデフを採用し、ドライバーの操作なしに、常時、前後に駆動力を配分した。アウディは市販に先立ちWRCに参戦し、勝利を重ね、参戦2年目にチャンピオンシップを獲得し、ラリーの世界でFR車を過去のものとしてしまったのだ。現在のフルタイム4WDがあるのはクワトロの誕生があってのものといえる。

1980年に発表されたアウディ・クワトロ。センターデフを採用したフルタイム4WDのバイオニア。

1972年に発売されたレオーネ・エステートバン4WD。乗用車に4WDを復活させたパイオニアだ。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.