内装補修・修理[2019.09.30 UP]

絶滅危惧種スバルサンバーを快走仕様!「第4回 屋根裏熱対策」

荷車仕様の4ナンバーはドライバーよりも荷物を優先した造り。絶滅危惧種サンバーもワゴンとバンでは快適性を求めるワゴンの内装が有利。そこでプチ夏対策として暑い熱い夏を快適に過ごすためのドライバーに優しい熱対策にチャレンジ。

関連情報

国産車 中古車豆知識 内装 夏・虫・暑さ
SUBARU Sambar TV1(2007)

NASA仕様の断熱材セラミックバルーン

 ここ数年の日本の夏はとにかく暑い。昔は気温が30度を超えれば暑い夏だ!といっていたはずだが、ここ数年は40度にも及ぶ、人が生きていくにはかなり過酷な環境になっている。クルマ社会の日本で軽自動車は日常の足として活躍するワケだから、暑い夏の車内は灼熱地獄を味わうことになる。この企画の主役・軽貨物サンバーは安普請だから夏は暑いは、梅雨時の雨音は車内を直撃、バラバラバラなのだ。

 なんとか快適な断熱対策はないものかとネット検索してみると、サンバーの屋根に断熱材を入れているというユーザーを数人発見。考えることは同じだと思ったが、ここはさらに現代風にといき着いたのが「ヒートカットパウダー」だ。

 うたい文句にNASAでスペースシャトルなどの断熱遮熱塗料にも使われている技術とくれば最先端技術である。

 パウダーの正体はセラミック真空バルーンで、粒径30-150ミクロンというもの。融点が1800度とクルマの部位ならどこにでも使えるほどの高性能だ。塗料に混ぜて使用するため、部位にあった塗料さえ選べば、用途は無限大だ。

 塗る厚さも非常に薄くてもよく、0.4mmを確保すれば効果が十分に得られるというので、ヘタな断熱材を入れるよりも効果があり、防音効果もあるというから、いきなり高級車に変身できる可能性も秘めている。

 実際の使用では水性アクリル樹脂塗料との混合が効果が高いと明記されていたので、熱反射も兼ねて白色を使った。混合は重量比15~25%で、塗料缶に明記してある面積から2Lを選択。パウダーを混ぜるとかなりドロリとした状態だが、これが幸いして天井からタレ落ちることが少なく、塗料を置く感じで3回塗りで塗膜を確保。作業は乾燥も含めて丸1日で終了。

 温度計測結果で表面温度が5度も下がっているのはかなり驚きだ。とにかく体感が凄い。乗り込んだ瞬間頭頂部が涼しく感じられるのだ。パワーのないサンバーのエアコンの負担も軽くなる。灼熱の夏、かかってこい!

第4回 屋根裏熱対策

NASAスペースシャトルにも使われたセラミックバルーンを使用したヒートカットパウダーは真空断熱でどんな塗料にも使える。

Befor

屋根上で熱電対テスターで鋼板温度と外気温を同時に計測した。気温30.2度で屋根鋼板は37度まで上昇していた。触ると熱い。

室内は屋根内装材をめくって鋼板直接と溜まった空気温を測定。気温31.6度で鋼板は40度まで温められている。差は約8.4度もある。

天井材はリムーバーでクリップを外すと簡単に剥がせる。

真ん中、前、後ろの順に外す。ステーにはFR/RRの表示がある。

天井材を取り外したところ。見事な荷車! ドアを開放しているにもかかわらず天井部はかなり暑さを感じるほど熱気が溜まっている。

床にはブルーシートを敷き詰め、天井材が差し込まれていた部分をぐるりとマスキングして塗装準備完了。リヤドアのみ開放。

ヒートカットパウダーの粒子が見えるだろうか。かなり細かく30-150ミクロンの粒子だ。この一粒一粒の内部が真空になっている。

重量比で15%以上となっているので、1回分の塗料500グラムに80グラムほど混合。重いので攪拌は時間をかけて行った。

3回塗り完成!

塗装は厚さを稼ぐために塗料を鋼板に置く感じで作業。流れるような粘度だとタレてしまうので、ドロッとした粘度は屋根には好適だった。

水性アクリル樹脂塗料2Lで3回塗り。塗っている途中で頭頂部に暑さを感じなくなっていったのはかなり驚きだった。すでに効果発揮か。

ヒートカットパウダーの粒子が見えるだろうか。かなり細かく30-150ミクロンの粒子だ。この一粒一粒の内部が真空になっている。

塗膜計を使って測定。

かなりムラムラだが平均して0.4mm、場所によっては0.5mmまでいけているので断熱効果は発揮されていると確信。

After

丸1日乾燥後天井材を戻して計測した。気温31.1度、鋼板温度35度。風が強かったので、鋼板はかなり冷やされている。

内部も同条件で計測。気温32.4度で鋼板が35度と、一見悪そうだが、天井材で暖められているにもかかわらず差は2.6度。効果絶大!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.