電装系修理[2019.10.01 UP]

絶滅危惧種スバルサンバーを快走仕様!「第8回 高回転で高温のため水温計は必須!」

前号のタコメーター装着で高回転連続運転が判明した3AT仕様。当然冷却経路もかなり高温になっていることは想像に難くない。RRレイアウトは冷却水経路も複雑でメンテナンスも大変。水温計の装着で冷却系をしっかり管理するゾ!。

関連情報

国産車 中古車豆知識 メーター

高温になる連続運転で水温はいったい?

 前回で取り付けたタコメーターで常用回転数を見ると4000rpm付近が多く、高速道路巡航では6000rpm近くをうろついている。EN07エンジンはタフでよく回る軽自動車では珍しい4気筒エンジンだが、回転数を見る限りはまるでサーキットランをしているような回転数である。当然エンジンから発生する熱量も多くなり、冷却水経路がかなり気になってくる。

 サンバーはRRレイアウトで、ラジエーターはちょうど座席の下あたりに配置され、前方から取り込んだ空気によって冷やされている。エンジンとラジエーター間が長いということはその間をホースで繋ぐ形となり、そこでも冷却効果が期待できるためにラジエーターは小さくて済むという図式だが、たとえばラジエータートラブルなどで交換となった場合、その作業は通常のフロントエンジンと比べると10倍ほど時間がかかるという、メンテナンス性の悪い車両なのだ。

 ディーラーでも「水温管理はしてください。できれば水温計があったほうがいいです」といわれるほどで、通常ならほとんどメンテされることがないだろう冷却水は、サンバーの場合錆びやすくラジエーターを詰まらせてしまう事例もかなりあるようだ。こういったことからも、高回転エンジンの負担を軽減させ、定期メンテで冷却水の交換を考えるならば水温計は必須。多少はエンジンに優しい季節になってきたものの、水温計装着後4000回転付近に水温上昇のカギがあり、常時80度付近でピークは96度ほど。水温の変化は思ったよりも激しく3ATの場合、2速でのアクセルオンーオフの変化が一番大きかった。

 装着にあたって、タコメーターからのリンクケーブルが短く、コネクターを探したが、秋葉原中を歩いても見つからずで、コネクトピンだけを探すことに。若干形状が違うが、幸い国産のピンが使用できることが判明し、途中で電線を切って延長というスタイルではなく、カプラー間で延長できるため、まとまりもスッキリで配線によるトラブル回避もできた。

高回転で高温のため水温計は必須!

ホワイトフェイス60mmにケース、ハーネス、センサーなど。取り扱い説明書に日本語はないが理解は容易。価格11,880円(税込)

サンバーのホースは22mm直径と小径で自動車用アダプターが使えず、SP武川の汎用アダプター07-04-22を使用。2,700円(税込)

フロントをジャッキアップしラジエータードレンボルトから冷却水を抜く。キャップをあけずに気長に抜くと飛び散らないで済む。

水を抜く時間を利用してセンサーをアダプターにねじ込む。シールテープは回転方向に合わせて1~2巻きしておく。逆は厳禁!

ラジエーターの後ろ側にホースが並んでいる。細いほうが送り側となる。直線部分を20mmカットしてセンサーを潜り込ませる。

センサーケーブルはフロントアンダーガードの真上に。パワステモーターのエア抜きパイプを抜くとケーブルがすんなり通る。

電源関係はタコメーターからの分岐でラクに取れるが、付属ケーブルは15cmと短く、このメーター配置には使えない。

コネクター単品としてはたぶん国内に存在していないだろうと思われる。ピンだけはどうにか使えそうなものがあった。日圧のSPHD-001T-P0.5。単品購入だと10円程度。

延長ケーブルは汎用4芯のVVC 018の4芯。純正が24AWGなのでほぼ太さもOK。コネクターピンの圧着も容易だ。シースは灰色。

「リンクケーブル 完成!」付属のハーネスは約15cm。製作したのは120cm。メーターパネルを取り外した時に余裕がほしかったのでこの長さにした。

メーターを外すとダッシュボードの隙間に手が入るので、ブレーキリザーバーの奥から電線をメーターに誘引した。唯一手が入る。

苦労するRR冷却水エア抜き

「エンジンルーム」エンジンルーム手前真ん中にエア抜きグロメットがある。メーカー手順としては最後に抜くが、水を入れる時に外しておくとラク。

「助手席足元」運転席左足元のカバーを外すとヒーターコアが見える。その奥側にエア抜きのゴムキャップがある。まずはここからエアを抜く。

「助手席下」ラジエーターキャップ脇のエアー抜き部分。ヒーターコアの次にここを外してエアを抜く。エンジン側を抜くと全体のエアが抜けやすい。

キャップを外したままだと運転席がベチャベチャになるので、ホースを繋いでペットボトルなどに冷却水を溜めるようにするといい。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.