グーネット

サスペンション・足回り修理・整備[2014.12.15 UP]

車のハンドルを切ると(ステアリング時に)異音がする際の修理と対応

車のハンドルを切ると(ステアリング時に)異音がする際の修理と対応 goo-net編集チーム

快適に運転しているはずなのに、ハンドルを切ると異音がする。
ハンドルは命を握るものでもあるので、異音を感じるだけでも不安になりますね。
ステアリング時に異音がする場合、その修理と対応はどうしたら良いでしょうか?

関連情報

ハンドル・ステアリング

パワステ(パワーステアリング)の構造

パワステ(パワーステアリング)は、ハンドルの重い車を楽に操作したり、
ハンドル操作の多い車庫入れをスムーズにする為に採用されているシステムで、
近年では世界的規模で標準装備されています。

その構造は、エンジンから得られた動力でポンプを回す事により一定の油圧を確保し、
ステアリング機構に補助動力を与える仕組みとなっています。
日本ではエンジンの負担を軽減して燃費を向上させる為に、
電動式のパワステが出回り始めています。

ステアリングに異音がする際の修理と対応

ハンドルのステアリング時に「キュルキュル」という音が出る場合は、
エンジンに取り付けられたクランクシャフトのプーリーベルトが滑っている音
という可能性が考えられます。
この場合はベルトを貼り直すか、交換するかになります。
費用は車種によりますが3000円~6000円前後かかると見られます。

またステアリング時に「ジー」という音がする場合、
パワステポンプからオイルが漏れている可能性があります、
この場合はパワステポンプの交換となりますが、
部品交換やその手間などと合わせて30,000円~40,000円ほどかかります。

どのみち、専門家に見てもらう必要があるので、ハンドルに異音を感じたら
ディーラーか修理工場で見てもらいましょう。
完全に壊れたり事故を起こしてからでは遅いので、早期発見が大切です。
先延ばしにしないで早めに見てもらうようにしてください。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.