ガソリン車用(オイル交換)[2015.01.19 UP]

車のブレーキパッド/ブレーキオイルの適切な交換時期とは?

車のブレーキパッド/ブレーキオイルの適切な交換時期とは? goo-net編集チーム

車のブレーキは、事故を防ぐ上でとても重要な役割を果たしていると言えます。

ブレーキには、ブレーキパッドやブレーキオイルなど消耗品が使用されているため、
適切な交換を心掛けることによって、車の安全性を高めることに繋がります。

関連情報

ブレーキ

ブレーキパッドとは?

車に用いられているディスクブレーキを構成する部品の一部です。

ブレーキローターをブレーキパッドで押さえることによって、
制動を可能にしています。

ブレーキパッドの交換時期

車のブレーキを頻繁にかければ、その分ブレーキパッドの消耗も速くなります。
一方、ブレーキを頻繁にかけなければ、ブレーキパッドは消耗しません。

そのため、ブレーキパッドの交換時期は、
車の乗り方によって異なるため明確な時期があるわけではありませんが、
ブレーキパッドが3mm以下になったら交換の時期と言えます。

3mmならまだ交換の必要性はないと考えられる人もいらっしゃるとは思いますが、
安全のために早め早めに交換することをおすすめします。

ブレーキオイルとは?

ブレーキオイル(ブレーキフルード)は車のブレーキにおいて、
油圧系統内部に充填されている液体のことです。

車の安全性にとても重要な役割を果たしているものです。

ブレーキオイルを交換する必要性

現在の車のブレーキ性能は信頼性が高く、
ブレーキオイルを長期間使用したとしても、
直ちにブレーキが効かなくなると言うことはほとんどありません。

では、なぜブレーキオイルを交換する必要性があるのでしょうか。

交換する必要性の1つとして、ブレーキオイルが消耗することによって、
ヴェイパーロック現象を誘発する可能性が高くなると言うことが挙げられます。

ブレーキに長時間あるいは強い、制動力がかかった際に、
摩擦熱によりブレーキオイルの一部が沸騰をしてしまい、油圧系統内部に蒸気が発生し、
ブレーキペダルを踏んでも制動力が伝わらず、
ブレーキが効かなくなることをヴェイパーロック現象と言います。

では、なぜブレーキオイルを消耗すると、
ヴェイパーロック現象が誘発されやすくなるのでしょうか。

それは、ブレーキオイルを長期間使用することによって、
ブレーキオイルの沸点が低下してしまうためです。

ブレーキオイルの交換時期

では、車の安全性を高めるためには、
どのくらいの頻度でブレーキオイルを交換するべきでしょうか。

一般的には、ブレーキオイルは車検ごとに交換するのが良いと言われています。
つまり、2年に1回の頻度で交換をするのが良いと言えるでしょう。

ブレーキパッドやブレーキオイルなどの消耗品は、ケチりがちになります。

しかし、お金がもったいない、まだ使えるとケチってしまうと、
重大な事故に繋がる恐れがあります。

車の安全性を高めるためにも、適切に交換をするようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.