車検[2015.03.15 UP]

エンジンを載せ替えた場合車検は通るの?

エンジンを載せ替えた場合車検は通るの? goo-net編集チーム

エンジンは車の心臓部分にあたります。
その心臓部分をごっそり替えてしまった場合、車検は通るのでしょうか?

車のエンジンを載せ替えた場合の車検について見ていきましょう。

関連情報

エンジン 車検

エンジンを載せ替えるケースとは?

車のエンジンを載せ替えるには、概ね2つのケースに分かれます。

ひとつは、エンジンに寿命が来た場合。
もうひとつは、エンジンのパワーアップが目的の場合です。

エンジンの値段は中古のエンジンにしろ、
純正品のリビルトエンジンにしろ、高額です。

エンジンの寿命が来た場合は、
素直に車を買い替えるという方が多いと思います。

エンジンの載せ替え用とする場合、
その多くは、パワーアップ目的のケースとなります。

車検が通るケースと通らないケース

では、車検が通るケースと通らないケースを簡単に見てみましょう。

車検が通るケース

エンジンを載せ替えて車検が通るケースは、
「同じ型のエンジンをそのまま載せ替えた」ケースです。

車検証に記載されている、エンジンの形式名と排気量が同じならば、
例え、他の車からの換装だとしても、車検には全く問題がありません。

車検が通らないケース

車をパワーアップするために、排気量の変わるエンジンを換装したり、
エンジンの形式そのものが違っていた場合、
そのままでは車検は通りません。

形式や排気量が違ってしまった場合は、
改造申請の審査を受け、構造変更申請をとって、
車検証を書き換える必要があります。

この手続きをしないと、車検を通る事はできず、
公道を走る事が不可能となります。

エンジンを載せ換えた場合に必要な書類

エンジンに限らず、マフラーや、ステアリングなどを替えた時は、
「構造変更申請」をして、車検証の内容を変更する必要があります。

書類審査に必要なものは以下の通りです。

■自分で用意するもの
・車検証のコピー

■陸運局でもらえるもの
・改造自動車等届出書
・改造等概要説明書
・改造箇所の添付書類


交換したエンジンに「車検対応証明書」や「保安基準適合証」を添付すると、
書類審査がスムーズに進みます。

自治体にもよりますが、審査は概ね一週間程度かかるようです。

構造変更申請は非常に審査が厳しく、排気量などが大幅に変わったり、
明らかに違う車種のエンジンが換装されている場合は、
細かいチェックが入り、なかなか審査が通りにくいと言われています。

エンジンを載せ替えた場合、きちんとした手続きをすることで、
問題なく車検を通す事ができます。

提出書類に不備がないかどうかを確認し、
慎重に申請手続きを進めるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.