車検[2018.08.29 UP]

車検時に車を廃車にすると還付金と保険料が返金される?

車は日々の生活を便利にしてくれますが、安全に乗り続けるには定期的に車検を受ける必要があります。車検費用以外にも、毎年支払う自動車税や車検を通す際に発生する自動車重量税、ガソリン代や駐車場代など、車を所有するには多くの費用の支出をともないます。自動車重量税や自賠責保険料は次回車検までの期間の費用を支払う必要があるため、車の車齢やコンディションなどを勘案して継続車検を受けるか、是非一度考えてみることをおすすめします。ここでは、車検時に愛車を廃車する場合、還付金や自賠責保険等の保険料が返金されるのかについて説明します。

車の廃車で税金や自賠責保険料などが戻る場合がある?

車の廃車で税金や自賠責保険料などが戻る場合がある?

車検の有効期間が残っている車を廃車にすると、車検時に支払っていた税金や自賠責保険料が戻ってくる場合があります。廃車手続きをして戻ってくるお金のことを還付金といいます。ここでは自家用乗用車の継続車検に関して説明します。車検を通す時に支払う自賠責保険料や自動車重量税は、次回車検の有効期限までの2年分を支払うことになります。そのため、車検有効期間中に廃車手続きにした場合、車検時に支払っていた費用が過払いになり、車検残存期間にあわせて戻してくれるのが、還付金という制度になります。

税金や自賠責保険料などが戻ってくる条件とは

払い過ぎたお金を還付金として戻してもらうには、税金や保険の種類によってそれぞれ条件があります。また、軽自動車と普通自動車では還付される項目に違いがあるため、事前によく確認をしておく必要があります。廃車でお金が戻ってくるのは、自動車税、自動車重量税、自賠責保険及び任意保険になります。自動車税は毎年4月1日時点に車を所有している人が納付する税金です。自動車税は廃車にした時だけ、自動的に還付手続きが行われます。廃車手続き終了の翌月以降分を月割りで計算された過払い分のみ還付を受けることができます。自動車税は一時抹消登録と永久抹消登録のどちらで手続きをしても、過払い分が還付されます。ただし、軽自動車は軽自動車税の還付制度はないため注意が必要です。自動車重量税は車検を通す時に納付する、車両重量に対する税金です。自動車税と異なり、永久抹消登録による廃車手続きを行った場合のみ、永久抹消登録申請書または解体届出書と一体となった様式の還付申請書を添えて自動車重量税の還付手続きを行います。自動車重量税は軽自動車も還付の対象になります。なお、解体は自動車リサイクル法に定められた引き取り業者に依頼をする必要があります。自賠責保険料の場合は、保険会社に対し還付のための解約申請手続きを行う必要があります。解約手続きの際には、一時抹消登録証明書などの抹消を証明する書類が必要となります。そのため、廃車手続き完了した後に申請が可能になります。注意点として、還付金は月割りで計算され、自賠責保険の残存期間が一ヶ月未満の場合は還付金を受けることができません。また、解約手続き申請を行った日から過払い分の計算がなされるので、無駄がないように廃車後速やかに申請を行うことをおすすめします。

車の廃車で任意保険のお金は戻ってくるのか

強制的に加入する被害者救済目的のための自賠責保険とは異なり、任意保険はドライバーの任意の意思によって加入する事故の際に契約者側の自身のケガや物損の補償などに対応する保険です。そのため、加入している保険会社や契約内容によって還付される金額が異なります。廃車が決まったら事前に保険会社に問い合わせておく必要があります。また、一時抹消登録と永久抹消登録なのかにより、再度保険に加入する場合、等級の引継ぎに影響するので慎重に判断することをおすすめします。大切に乗ってきた車を廃車する場合は、条件に応じて還付を受けることができます。事前に還付を受けるための書類や手続きが必要となります。個人では手続きが大変な場合もあるため、無駄なく確実に還付を受けるためにも、事前にディーラーや販売店、保険会社などに問い合わせるなどして確認しておきましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.