車検[2018.08.29 UP]

車検に印鑑は必ず必要なのか

車検の際には用意すべき必要な書類があり、それらを準備できなければ車検を受けることはできません。基本的に自動車検査証・自動車税納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書を準備するのですが、この3つの書類以外に、印鑑の準備も言われたことはありませんか?以前、車検を依頼した業者では印鑑は必要と言われたが、最近依頼した別の業者では不要と言われたなど、印鑑の扱いについて疑問を感じている方も多いのではないでしょう。ここでは、車検時に印鑑は必ず必要かについて、詳しく解説します。

車検の際に印鑑は必ず必要なのか?

車検の際に印鑑は必ず必要なのか?

まず結論から言えば、車検の際に印鑑は必ずしも必要ではありません。では、印鑑が必要だというのは誤りなのでしょうか?実は、ある時期まで印鑑が必要だったのです。平成10年の国土交通省の通達により、「車の使用者が個人の場合、氏名欄に自筆の署名を記入した場合には、印鑑の押印は不要」となりました。しかし、個人であっても継続検査申請書の使用者(申請者)の項目が自筆ではなくワープロ打ちなどの場合は、認印もしくは自筆のサインが必要となるため、現在でも「印鑑を持ってきて下さい」と依頼をする業者は存在します。ややこしいですが、印鑑は必ず必要ではありませんが、絶対に不要ということでもありません。

車検の際の印鑑はサインなどでも大丈夫なことはあるのか?

前述の通り、継続検査申請書の使用者欄に自筆の署名・サインを記入した場合に限り、印鑑の押印は不必要であると言えます。フルネームを自筆で署名するのではなくワープロ等で氏名を打った場合にのみ、苗字を手書きにてサインを記入します。サインをする場合は、明瞭でわかりやすくサインを記入するよう心掛けましょう。

車検に印鑑を準備することのメリット

車検の際は必ず印鑑が必要ではないことはおわかり頂けたと思いますが、メリットもあります。継続検査申請書を陸運支局の窓口へ提出する際に、サインが読みにくいなど、担当者から書類の修正が求められる可能性があります。印鑑を捺印することでスムーズに申請が行えることが最大のメリットと言えるでしょう。この際に必要なのは認印で構いません。また、車検の際に自動車の名義変更も同時にする場合は印鑑証明書(※発行した日から3ヶ月以内)や印鑑登録してある実印が必要となります。二度手間にならないように、車検業者に依頼する場合も印鑑の必要の有無を確認するなど、スムーズに車検が完了するように、余裕を持って事前に確認することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.