車検[2018.08.29 UP]

車検の前検査(後整備)とは

定期的に実施することが義務付けられている車検ですが、車検の際は必ず整備検査をセットで受ける必要があるのでしょうか?確かに車検を確実にスムーズ受けるために、整備検査は重要ですが、必要性や詳細など詳しく知らないユーザーが多いのではないでしょうか。ここでは、車検の前検査(後整備)の仕組みについて、車検と点検整備の違いを中心にご説明していきます。また、車検の前検査(後整備)の問題点や注意事項についても、併せて解説していきます。

車検の前検査(後整備)とはどういうこと?

車検の前検査(後整備)とはどういうこと?

多くの方はディーラーや民間車検業者へ車検を依頼する場合、車検と車検前の事前整備(定期点検)をセットで依頼するのが一般的だと思います。整備検査を行わないと、車検を受けられないと誤解している方も多いと思いますが、それは間違いであり、一定の保安基準を満たしていれば、車検を通すことは何ら問題なく、車検を受けた後で、定期点検整備を実施することは問題ありません。車検を無事通すための整備と24ヶ月定期点検が作業として重なり、また、明確に分かれている訳ではないので混乱しますが、本来は目的や内容の異なるものです。事前に定期点検整備を行わずに車検を受け、後から点検整備を行うことを前検査(後整備)と呼びます。

検査と点検整備の違いとは?

自動車は、道路運送車両法第48条によって、定期点検が義務付けられています。したがって、自動車(自家用乗用車、軽自動車)の使用者は、1年(12ヶ月)では26項目、2年(24ヶ月)では56項目の点検を実施する義務があります。その一方で、車検(継続検査)というのは、あくまで保安基準に則り検査だけをするということです。つまり、車検では、決められた安全・環境基準に適合するかをチェックするということです。したがって、車検と点検整備は直接リンクするものではなく、別々に定められたものであり、これらを必ずしも同じタイミングで実施する必要はありません。しかしながら、車検前に定期点検を行えば、車検で求められる保安基準は問題なくクリアできることと、継続車検のタイミングと義務付けられている定期点検の時期がほぼ同じタイミングなので、一緒に実施する場合が多いと言うことです。

一般的なディーラーや整備工場における車検とは?

ディーラーや整備工場に車検を依頼した場合は、検査と24ヶ月点検を同時に行ってくれます。車検の料金には、24ヶ月定期点検料が含まれているのが一般的であり、通常はディーラーや整備工場に車検を依頼するユーザーが大半であるため、車検と24ヶ月点検がセットであると認識している方が多いのです。

ユーザー車検における前検査(後整備)とは?

ディーラーや整備工場における車検では、24ヶ月点検がセットになっているため、通常は省略することはできません。前検査(後整備)が行われるのは、ユーザー自身で陸運支局に持ち込んで車検を受けるユーザー車検の場合です。ユーザー自身が車両を持ち込んで車検を受けた後、24ヶ月点検をディーラーや整備工場に依頼することは、何ら問題はありません。しかしながら、費用や手間の問題から、自身でユーザー車検だけ行って定期点検を実施しないユーザーがいるのが実態です。これには、12ヶ月点検や24ヶ月点検は義務であっても、実施しなかったとしても罰則規定がないことも関係しています。国土交通省においても、前検査のユーザーに対し車検後の点検整備の実施を確認するため、はがきを送付するなどの対策を講じています。上記の通り、車検の前検査(後整備)について解説してきました。ディーラーや整備工場、車検代行業者へ車検を依頼する場合は、車検費用に24ヶ月点検費用が含まれ、必ずセットで行われますが、ユーザー車検の場合は、車検とは別に、きちんと定期点検の実施が必要になります。定期点検は、自分のためだけではなく、同乗者や周囲の安全を守るためにユーザーに課せられた義務ですので、必ず実施するようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.