車検[2018.08.29 UP]

スタッドレスタイヤでも車検に通る?交換の必要性について

本来、スタッドレスタイヤは、積雪のある道路や凍結により滑りやすくなった路面を安全に走行することを目的として作られたスノータイヤの一種です。このスタッドレスタイヤをいつ交換するか明確な制限がある訳でもなく「ノーマルタイヤに替えるのも面倒だし、もう少しスタッドレスタイヤにしておこう。」と思って長期間装着している方も多いのではないでしょうか。ここでは、スタッドレスタイヤのままで車検が通るのか、また交換の必要性について説明します。

スタッドレスタイヤを付けたままでも車検に通る?

スタッドレスタイヤを付けたままでも車検に通る?

スタッドレスタイヤをウインターシーズン以外でも使用している人は多く、車検の時期が近づいていても、そのままスタッドレスタイヤのままでいるケースも多いようです。では車検を受ける際、上記の人たちはスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに変更して車検を受けているのでしょうか?実際のところ、スタッドレスタイヤのままでも車検を受けることはでき、車検を通すことは可能です。スタッドレスタイヤであっても、ノーマルタイヤであっても、タイヤの種類には関係がないということです。
タイヤの空気圧が適正かどうか、亀裂や損傷や異常な摩耗がないかどうか、定められたタイヤの溝の深さ(1.6mm以上が必要)になっているかなど、保安基準を満たしていれば、スタッドレスタイヤでも車検に合格することができます。

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの違いとは?

この2つのタイヤには、しっかりとした違いがあります。その違いは、タイヤのコンパウンドの硬さ・トレッドパターン・溝の深さです。スタッドレスタイヤは気温の低い日でも硬くならない特殊なコンパウンドのゴムを使用しており、ノーマルタイヤよりも柔らかく作られています。この柔らかさが、雪や氷にしっかり食いついてグリップ力を高める役割を果たしています。またトレッドパターン(溝の数)と溝の深さにも違いがあり、スタッドレスタイヤの方が数も多く、サイプと呼ばれる細かな溝が刻まれており、溝の深さもより深く作られています。溝の数を増やすことで路面との接地面積を増やし摩擦力が上がり、溝を深くすることで路面の雪をしっかりグリップしトラクションを得ることができるのです。

スタッドレスタイヤの交換の必要性について

スタッドレスタイヤであっても、ノーマルタイヤと同様、保安基準を満たしていれば車検を通すことが可能ですし、オールウェザーにも対応し、ノーマルタイヤよりも良いのかと思われるかもしれませんが、良いことばかりではありません。そもそも、スタッドレスタイヤは積雪路に特化したタイヤですので、夏季など路面温度が高くなる時期に使用するにはあまり向いていません。寒さには強いタイヤですが、暑さにはそれほど強くなく、ノーマルタイヤと比べると、トレッドパターンのコンパウンドの柔らかさから変形によるグリップ低下や耐摩耗性の面で劣ってしまいます。それにより、ドライの高速走行でタイヤがバーストする恐れや、ブレーキ時の制動距離もノーマルタイヤの性能を下回る傾向にあります。また、ノーマルタイヤに比べて、路面の水を排水する性能も劣る傾向にあり、ハイドロプレーン現象も起きやすいと言われています。最近のスタッドレスタイヤは性能も向上し、ほぼオールシーズン使用できるスペックを備えていますが、冬の季節が終わったのであれば、ノーマルタイヤと交換することをおすすめします。車検時のタイヤの検査においては、保安基準を満たしていればスタッドタイヤでも車検を通すことは可能です。しかしながら、車検に合格したとしても、季節や路面状況にあったタイヤを装備していなければ、走行中の安全性などに支障をきたす可能性もあります。スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換が大変だからといて、交換時期を延ばすことはせず、季節や路面状況に最適なタイヤを装備するように心がけるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.