車検[2018.08.29 UP]

車検切れの車のナンバーは返却する必要があるのか

車検切れの車を保持する場合、車検切れした車のナンバープレートの返却の有無について疑問をお持ちの方も多いです。今後改めて車検を受けて車を使用する意思がある場合などは、ナンバープレートをそのまま残しておきたいと思う方も多いことでしょう。では、車検切れの車のナンバーは返却する必要があるのでしょうか?ここでは、車検切れになった白ナンバーの乗用車のナンバー返却について説明します。

車のナンバーは原則返却する必要がある

車のナンバーは原則返却する必要がある

通常、自動車が必要なくなった際には、廃車の手続き(永久抹消登録や一時抹消登録)を行います。このような場合には、いくら手元にナンバープレートを残しておきたいと思っていても、必ずナンバープレート返却しなければなりません。廃車の手続きを進めるためは、自動車の前後面に取付けてある、併せて2枚のナンバープレートの返却が必要になります(道路運送車両法 第二十条 自動車登録番号標の廃棄等)。
また、何らかの理由によりナンバープレートを紛失、あるいは、盗難などにより手元にナンバープレートがない場合は、別途理由書の提示や、警察署に赴き、紛失届や盗難届を提出しなければなりません。ナンバープレートは、偽造や変造、なりすましなどにより犯罪に用いられる可能性もあるため、ナンバープレートの管理や返却は厳格なものになっています。

車検切れの車の場合はナンバープレートを返却する必要はあるのか

車検が切れてしまう理由として、車検費用の問題や、車検を依頼する時間がなかった、または、うっかり車検有効期限が過ぎてしまったなど、いくつかの理由がありますが、このような場合でもナンバープレートを返却しなければならないのでしょうか。車を廃車にはせず、車検を一時期見送り、再度車検を通して車を使用しようと考えているのであれば、ナンバープレートを返却しないという選択肢もあります。ただし、車検切れした車のナンバープレートを返却しなければ、自動車税を毎年納税する必要があります。車検切れした場合でも、ナンバープレートを返却しないということであれば、毎年同額が課税されることになります。

車検を受けずに車を使用する必要がない場合はナンバープレートをすみやかに返却するのがおすすめ

車検切れした車のナンバープレートを3月末までに返却すると、4月1日時点で所有者(ローンなどを利用して購入した場合は、買い主である使用者)に課税される自動車税の納税義務がなくなります。このように、自動車税の納税義務から離れるためには、ナンバープレートの返却が必要になります。この場合、車の使用を中止するための「一時抹消登録」手続きにより、自動車税の納税義務を止めることができます。一時抹消登録は、車が古くなって使用しない以外にも、海外転勤や長期の海外旅行・留学、入院など、さまざまな理由が考えられます。再び車を使用する際は、車検を受けて再登録をすることになります。その際、一時抹消登録をしたときに交付された「一時抹消登録証明書」を添えて再登録手続きを行います。

■ナンバープレートの返却方法

手続き窓口:車のナンバーに記載されて地名を管轄する運輸局の支局など
必要なもの:前後のナンバープレート、車検証、印鑑証明書(3ヶ月以内)とその印鑑(実印)
手数料:検査登録印紙350円

車を長期にわたり使用しない場合や、今後車検を受けるつもりがない場合、または、車は保管しても納税による出費を避けたいというのであれば、すみやかにナンバーを返却することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.