ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

エンジンオイル交換時、オイルフィルターは再利用できるのか?

エンジンオイルの交換時、オイルフィルターを毎回交換する人もいれば、2回に1回交換する人もいます。オイルフィルターの交換をしない場合は、基本的にはオイルフィルターは脱着せずに付けっぱなしにしておきます。その場合オイルフィルターの中には、古いオイルが100ml~500mlほど残ったままになっていると言われています。そうすると、当然、新しいオイルと古いオイルが混ざってしまうことになり、それが気になるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、エンジンオイル交換時に、オイルフィルターを取り外して洗浄し、再利用することができるのかという点について解説します。

オイルフィルターは再利用しても大丈夫?

オイルフィルターは再利用しても大丈夫?

オイルフィルターを再利用することはできます。オイルフィルターの交換を、オイル交換2回ごとに1回行っている場合、オイルフィルターを交換しない時のオイル交換では、オイルフィルター内に残った古いオイルと新しいオイルが混ざってしまうことが気になるという話をよく聞きます。そのような場合、一度オイルフィルターを取り外して石油系の溶剤などで洗浄(フラッシング)後に取付けるということになります。ただし、基本的にオイルフィルターは、洗浄して再利用することを想定してつくられているわけではないため、何度も洗浄して使い続ける使い方では性能を維持できません。

オイルフィルターの再利用を行わない理由

上記の通り、オイルフィルターの再利用は可能ですが、基本的にはあまり行われません。その理由は、オイルフィルター自体の価格がそれほど高価ではないため、オイル交換のたびにオイルフィルターを交換してしまった方が、再利用するよりメリットが大きいと考えられるからです。純正のオイルフィルターが高いのであれば、同レベルの性能を持つ社外品であれば、コストも抑えられるでしょう。低価格の社外品を使って交換の回数を増やした方が、本来のオイルフィルターの役割としては効果的であると考えられるからです。オイルフィルターを再利用する場合は、洗浄方法や再取付の際に不具合が出ないように十分注意する必要があります。自分で問題なく行う自信がない場合は、専門店などに相談するか作業を依頼することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.