ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

エンジンオイルの抜き方で上抜きと下抜きの違いとは

エンジンオイルを交換する時、オイルパンから古いオイルを抜かなければなりません。オイル交換を整備工場やディーラーなどのプロにお任せする場合あまり意識はしませんが、自分でオイル交換をするDIY派はオイルの「上抜き」「下抜き」どちらがいいか悩みどころです。エンジンオイルの抜き方で「上抜き」「下抜き」に違いがあるのでしょうか?

上抜きのメリットとデメリット

上抜きのメリットとデメリット

オイルが入っているオイルレベルゲージから専用のオイル交換用のホースを入れて、負圧で古いオイルを抜きだす事を「上抜き」と言います。上抜きはジャッキアップが不要な上、下抜きよりもオイルが良く抜けると言われ、車用品量販店でのオイル交換などでは上抜きをする所が増えています。ドレンボルトの取り外しによるネジの摩耗や閉め忘れによるオイル漏れが起きにくい事がメリットです。しかし、すべての車が上抜きに対応しているわけではなく、全くできない車種やオイル量センサが干渉してしまい交換用のホースが奥まで入りきらないなどのデメリットもあります。

下抜きのメリットとデメリット

ジャッキアップしてオイルパンのドレンボルトからオイルを抜く方法を「下抜き」と言います。下抜きなら車種を選ばずどんな車でもオイル抜く事ができる上、摩擦によりオイルに金属片などが混入していた場合、見つけやすいなどのメリットがあります。専門的な技術がさほど必要でない為、DIYでオイル交換する人は下抜きで抜く場合がほとんどですがジャッキアップが大変で、ドレンボルトの閉め忘れや摩耗によるオイル漏れを引き起こすなどのデメリットが挙げられます。

上抜きと下抜きどちらが多くのオイルを抜けるか

よく論争になるのは「上抜き」と「下抜き」どちらが多くオイルを抜けるかという話です。オイルパンの形状や車体の特徴などにもよるので、「上向き」がよく抜ける、または、「下抜き」がよく抜けるなどとは一概には言えないのが正直なところです。上抜きも下抜きもオイルパンの中にたまっているオイルを抜きだす方法ですが、エンジンオイルはオイルパンだけにたまっているわけではないので、オイルパンの中のオイルを排出しても、厳密には100%オイルを排出できるわけではありません。あまり上抜き、下抜きにこだわる事なく、その車にあったやり方でオイルを抜くのが一番です。自分でオイル交換をする場合は、まず車の説明書を見てオイル交換について調べておきましょう。手順や道具はもちろん、汚れたオイルの廃棄方法までしっかりとリサーチする事をおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.