サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車のショックアブソーバーの交換方法と交換時期・寿命について

車の乗り心地や走行性能などに欠くことのできない重要なパーツに「サスペンション」があります。しかしながら、毎日のように車に乗っていると、徐々に劣化するショックアブソーバーの抜けには気づかないようです。ここでは、ショックアブソーバーの交換時期や寿命について説明します。

ショックアブソーバーの劣化について

ショックアブソーバーの劣化について

ショックアブソーバーは、内部で高圧のオイルが小さな穴を通過する時の抵抗によってスプリングの上下運動を減衰させる役割を持つ、サスペンションの一部です。高温・高圧で作動するため、オイルの成分は少しずつ劣化していきます。オイルが劣化してくると、このショックアブソーバーの減衰力も少しずつ下がってきます。減衰力が弱まってくると、車体の揺れが収まりにくくなってきたり、ブレーキ時に前にカックンと傾いたりするようになってきます。元々車に装着されているショックアブソーバーは、オイルを交換できる作りになっていないため、寿命が来ると交換する必要が出てきます。

ショックアブソーバーの交換時期は?

走行路面状況によりますが、3万キロを超えた辺りから劣化の症状は出始め、10万キロを超えた辺りでは初期の減衰力と比較して、かなり性能が低下していると言われます。オイルを抜いて確かめる事はできませんので、走行している状態で減衰力が低下しているかを判断します。前述したように、ボディを揺らすとなかなか揺れが収まりにくくなったり、カーブを曲がった時に外側に沈み込むような現象が出ている場合は交換が必要と思われます。サスペンションが劣化すると、ボディの振れ幅が大きくなるため、タイヤの偏摩耗や乗り心地の悪化、周囲の部品に負担がかかるなど、弊害が生じます。サスペンションは車の安全走行にとって重要なパーツなので、上記の走行距離を交換の目安にしましょう。

ショックアブソーバーの交換方法について

まず車体をリフトアップした状態でタイヤを外し、ジャッキ等を使用してショックが縮んだ状態にします。ショックアブソーバー下部のタイヤ側固定部分を外しそれから上部固定部分を外すのですが、上部はエンジンルームやトランクルーム内部にあるため、周囲の部品を取り除く必要も出てきます。ここは車種によって作りが違うため、エンジンルームやトランクルームをよく確認しましょう。ショックアブソーバーはスプリングと固定されているため、この2つを一体で取り外してから分解してショックアブソーバーを交換する流れになります。おおまかにショックアブソーバーの交換手順をご紹介しましたが、交換の途中で気を付けないといけない注意事項がまだまだ沢山あります。また、脱着するボルトの数は約30個程あり、そして、それぞれに締め付けトルク(締め付けの強さ)の設定があります。ショックアブソーバーを交換するには、シンプルに言えば、古いショックアブソーバーを自動車から外して、新しいものに交換するだけですが、車の知識や労力を要する作業だと言えるでしょう。

ショックアブソーバーの交換費用は?

ショックアブソーバーの交換作業費としては、1本につき、おおよそ8,000円~20,000円程になります。ショックアブソーバーの部品代は、フロントの方が割高になりますが、基本的に4本セットで交換するので、1本につき、おおよそ10,000円~25,000円程、4本で、おおよそ70,000円~100,000円程になります。もちろん、こちらのショックアブソーバーの交換費用は、あくまでも目安の費用です。ディーラーや整備工場などによって料金の違いもありますので、事前に確認するようにしましょう。ショックアブソーバーの交換は、車の走行にとって重要な足廻りの部品のため、取付ミスは事故に直結する危険性もあります。自分で交換する方法もありますが、より確実に安心に交換をするためにも、プロに任せることをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.