グーネット

ミッション・駆動系パーツ取付[2018.08.29 UP]

強化クラッチで異音がする場合の原因と対処法

強化クラッチは、圧着力が強くエンジンからの出力を上げても滑りにくい、クラッチとしての機能を強化してあるという意味のパーツです。そのため、半クラッチの範囲が狭く、クラッチが素早く繋がるなど、扱いがかなり難しく、適正に扱わないとイメージとは正反対にデリケートで故障しやすいパーツであると言うことができます。そこで今回は、この強化クラッチから異音がする場合の原因と対処法について解説することにします。

強化クラッチで異音がする場合、どのような原因が考えられるか

強化クラッチで異音がする場合、どのような原因が考えられるか

強化クラッチから異音がする場合、クラッチカバーの破損やクラッチディスクの磨耗・破損なども原因として考えられますが、もっとも多いのがクラッチレリーズベアリングの破損です。クラッチレリーズベアリングは、クラッチを切る際に役目を果たす部品です。そのため、このクラッチレリーズベアリングが破損すると、クラッチを切った状態や半クラッチにした状態で「ゴー」とか「ギー」というような異音を発することがあります。この場合は、まずクラッチレリーズベアリングが破損していないかどうか確認してみてください。

強化クラッチで異音がする場合、どのように対処すればよいのか

異音の原因が、クラッチレリーズベアリングだった場合は、交換することになります。注意点としては、強化クラッチに交換してから、それほど使っていないのに破損することもあるため、状況によっては念のため初期不良ではないか、購入先に確認するようにしてください。強化クラッチは、サーキットでスポーツ走行する際には、非常に役に立つパーツですが、同時に扱いが難しいパーツでもあります。特に渋滞の多い場所の運転には、まったく向いていないパーツと言っても過言ではありません。導入する際には、その点も十分に考慮に入れることをおすすめします。強化クラッチからの異音に気がついたときは、すぐに整備工場などに持ち込んで、専門家に確認してもらうようにしましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.