サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車のブレーキキャリパーが固着する原因と対処について

車を運転している最中に、ブレーキが正常に効かなくなったらと考えるとゾッとします。そんなことは自分には起こらないと思いたいところですが、ブレーキ周りのトラブルは意外と多い様です。中でもわりと起こりやすいブレーキキャリパーの固着について説明します。

そもそもブレーキキャリパーとは何か?車のどこにあるの?

そもそもブレーキキャリパーとは何か?車のどこにあるの?

現在、主流になっている油圧式ディスクブレーキで説明します。ブレーキキャリパーは、ディスクブレーキの部品のひとつです。簡単に言うとディスクブレーキは、タイヤとともに回転しているブレーキローター(ブレーキディスク)を、ブレーキパッドで強く挟み込んで車を止める仕組みになっています。この時、ブレーキパッドを油圧ピストンの力で強くブレーキローターに押し付ける働きをするのがブレーキキャリパーです。ディスクブレーキの写真を見ると、ブレーキローターを横からくわえ込むように付いている箱のようなパーツです。

ブレーキキャリパーの固着の原因とは?

ブレーキキャリパーの代表的な不具合として挙げられるのが固着です。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキキャリパーの油圧ピストンが押し出され、ブレーキペダルを放すと、よじれたゴムが元に戻ろうとして、ピストンを元の位置に戻します。ピストンなどに汚れやサビなどが付着すると、ゴム(ピストンシール)の動きが鈍くなったり、最悪の場合は、よじれたまま元に戻らずピストンが出っぱなしで、常にブレーキパッドがブレーキローターに押し付けられた状態になってしまいます。このような状態をブレーキキャリパーの固着と言います。ブレーキキャリパーの固着を放置すると、走行中にブレーキがかかりっぱなしの状態となり、ブレーキ周りがかなり高熱になることもあるため不用意に触らないようにしなければなりません。また、固着によって片側のブレーキだけがロックされてしまう、ブレーキの片効き状態になってしまうため非常に危険です。

ブレーキキャリパーが固着してしまった場合の対処方法とは?

ブレーキキャリパーが固着してしまった場合は、オーバーホールが必要です。ディーラーなどからオーバーホールキットを手に入れることもできます。しかしながら、ブレーキは安全に走行する上での最重要パーツであり、オーバーホールには専門知識や特殊工具も必要となるので、信頼の置ける整備工場や専門店に作業を依頼することをおすすめします。ブレーキのトラブルは大事故につながる可能性があります。何か異変に気がついたらすぐに点検するようにしてください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.