グーネット

内装品取付[2018.08.29 UP]

シフトノブの高さを調整する方法とは

車のドライバーには身長の高い人、腕が長い人などさまざまな体格の人がいます。そのため座席は前後に可動し、ハンドルの高さなども調整することができます。ところが、運転中に必ず操作する箇所なのに、シフトノブの高さの調整はできる仕組みには通常なっていません。今回は、シフトノブの高さを調整する方法について見ていきましょう。

シフトノブの高さが合わないと感じたときに調整する方法はある?

シフトノブの高さが合わないと感じたときに調整する方法はある?

シフトノブは、運転中に頻繁に操作する装置のひとつです。MT車を運転する場合などは、ほとんどシフトノブに手を添えていると言う方もいるのではないでしょうか。そのシフトノブの高さが合わないと感じた場合、以下の条件を満たした車種であれば高さ調整をする方法があります。

1.シフトノブがネジ式で取付けてあるMT車
2.シフトノブがネジ式で取付けてあるゲート式AT車

上記の条件に当てはまらない車種は、専門業者に依頼するなどすれば可能かもしれませんが、自分で簡単に調整や交換をすることはできないようです。

シフトノブの高さを調整する方法

シフトノブの高さを調整する方法は、2種類あります。ひとつ目は、シフトノブを延長するためのエクステンションを使う方法です。このエクステンションは、シフトノブがネジ式で取付けてあるMT車に使うことができます。装着方法はシフトノブを一旦外して、エクステンションバーを取付け、そのエクステンションバーにシフトノブを取付ければ良いだけなのでいたって簡単です。もうひとつの方法は、高さ調整機能つきのシフトノブを使う方法です。このシフトノブは、シフトノブがネジ式で取付けてあるMT車や、やはりシフトノブがネジ式で取付けてあるゲート式のAT車などに使えます。シフトノブのネジ部分のスクリューを回して高さを調整する仕組みで、こちらも装着方法は簡単なので、自分でも取付けることができます。ただし、適合する車種は、製品によって異なりますので、ご購入前にしっかり確認してください。

シフトノブの高さを調整する際の注意点

ネジ式で取付けてあるシフトノブは、振動などによって緩んでしまい、走行中に外れてしまうことを避けるために、ねじを固く締込んでおく必要があります。エクステンションや高さ調整機能つきのシフトノブを取付ける際は、その点を考慮してしっかり取付けるようにしてください。取付けた後も、定期的に締め付けを確認するように心がけましょう。シフトノブを自分に適した高さにすると、操作性(シフトチェンジ)が格段に良くなります。操作がしにくいと感じている方は、ぜひ試してみてください。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.