アオフガーベ オートプロダクト

作業実績
801件
レビュー
  • エンジン関連パーツ交換
  • アルファロメオ アルファブレラ
  • 作業時間:3時間

2019年03月02日 15:53アルファロメオ ブレラ BMC CDA取付&水漏れ

大阪のI様のアルファロメオブレラの入庫です。

セレのオイル漏れチェックと、BMC CDAの取付、あとは冷却水が少しずつ減っていくということだったのでそれをチェックしてほしいとのことです。

まずはセレのオイル漏れのチェックです。

セレのオイル漏れで多いのが、タンクからのオーバーフロー
これはアキュムレーターの劣化によりセレオイルのタンクへの戻り量が増え、オーバーフローしてしまう党現象。
多くの車両で見られる状況でアキュムレーター交換などをすれば解消される。
今回は見てみるとどうやらそうではなさそう。

オイルで汚れている箇所がいつもとは違う。
よくよく見てみるとセレのタンクからアクチュエーターにいくホースから滲んでいるように見える。
セレオイルを補充して圧が掛かる状態にすると、間違いないホースの付け根からポタポタオイルが垂れている。

何故にこんな場所が?
このホースはプラスチック製でジョイントの部分がゴムのパッキンが入り漏れないようにしてあるのだが、このパッキンが劣化しているのかもしれない。

手でホースをグッと押し込んでみると漏れは止まった。
どうやら間違いはなさそうだ。
しかし残念ながらこの部部だけの部品供給はない
セレユニットASSYの交換になってしまう。
かなりの高額なので中古のパーツ取りでこの部分だけ交換
念のために結合部にはシールパッキンを塗布して乾燥してからセレオイルを補充
漏れなどなく問題ないことを確認して次の作業だ。

オーナー様の持込みでBMCのCDAの取付け
前乗っていたという147から取り外したモノらしい
事前に洗浄等もオーナー様がして取り付けだけしてほしいということだった。

一昔前はよくつけましたねCDA

上が純正のエアクリ
下が取付したCDAです。
綺麗におさまりました

吸気するときの音が独特になりいい感じです。
最後に水漏れ
テスターで圧力をかけてみると、こちらも定番のラジエーターホースの付け根から滲んでいます。
新車時のホースバンドは調整できないので、年数が経つとラジエーターホースなどは劣化し、新車時よりもゴムが密着度が悪くなっています。

しかもホースバンドが調整できないので締め込みできません
よって古くなってきた車両はホースバンドを取り換えて新しいものにしていくのです。
こちらも交換後は漏れなどはなくなりました

これで無事に乗れるようになったのではないでしょうか。
CDAの吸気音を楽しんでみてください

対象車両情報

初年度登録年月平成20年メーカー・ブランドアルファロメオ
車種アルファブレラグレード2.2 JTS セレスピード
型式ABA-93922S

参考になったらイイね!とシェア!

店舗情報

アオフガーベ オートプロダクト
〒503-0856 岐阜県大垣市新田町3-21
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9744-1664
  • 無料でお問合せ・お見積り

アオフガーベ オートプロダクト

認証工場:岐第6848号

欧州車のことならとにかくご相談ください。タイミングベルト交換・クラッチ交換等 輸入車専門店

レビュー
  • 4.99
作業実績
801
営業時間
9:00~19:30
9:00~18:00
定休日 
: Aufgabeとは使命・責任という意味。大切なクルマを責任と使命で快適カーライフをサポートします。
住所
:〒503-0856
岐阜県大垣市新田町3-21
アクセス
:大垣インター降りて10分くらいです
無料電話
0066-9744-1664

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約