アオフガーベ オートプロダクト

レビュー
作業実績
638件
  • ミッション・駆動系修理・整備
  • アルファロメオ アルファ147
  • 作業時間:5時間

2020年07月06日 20:00アルファロメオ147 ミッション不良・不動

名古屋市のK様のアルファロメオ147の入庫
初見のオーナー様です
出先で突然ミッション警告灯が点灯し、ギヤチェンジできず。
路肩に止めたまま不動になってしまったということでご連絡をいただきました。

当社に入庫したことのない車両なのでコンディションが全く分かりません
とにかく見てみないと何も言えないという状況なのでロードサービスのレッカーにて搬送されてきました。

入庫後シフトをチェックしてみると確かにNレンジのまま変わりません。
セレのポンプは動いているようなのでポンプはOKでしょう。

セレのいるのレベルもチェックしましたが問題はなさそうです。

テスターでチェックしてみるとギヤ不良・クラッチ異常と出ますね。

まずはアクチュエーターを取り外してオーバーホールしてみましょう。
ちなみに車両の走行キロは94000km
オーナー様が購入されてから40000kmは走ったということでした
その間にセレのオーバーホール等はしたことはないという。

アクチュエーター取り外しました。
分解してみると、やはりオーバーホールはしていなさそうです。
まずはオーバーホールをみます。

アクチュエーターを取り外す際に1つ気になったことがあります。
それはアクチュエーターとミッションを繋ぐシャフトからアクチュエーターがなかなか抜けなかったこと。

写真にある扇形のシャフトです
これが少しガタがあるように思います。

オーバーホールしたアクチュエーターを取り付ける際にも、普段だとすんなり入るのですが、なかなかシャフトに入りません。

何とかアクチュエーターを挿入して組み付け
試にシフトチェンジしてみるとちゃんとギヤ入りました。
1速に入り、Nレンジにも戻ります。
しかしRレンジいれてNに戻そうとした瞬間
ギヤ戻りません

Rレンジのままです
もちろんRのままなのでエンジンもかかりませんね。

これはやはり先ほどのシャフトが引っかかっているのでしょう
以前にも3速に入った途端にシフトチェンジできなくなるという事例があった
その時もシャフトが引っかかり動かなくなっていたのだ

再びアクチュエーターを取り外す
やはり引っかかってアクチュエーターが簡単に外れない
外してみるとシャフトが位置がズレたまま。

これはもうミッションオーバーホールしかない。
しかし今更147のミッションをオーバーホールするオーナー様はもういません。

なぜなら中古のミッションが安く転がっているし、コスト的なものもある。
今回もオーナー様と相談し、結果は乗換となった。
賢明な判断だと思います

ミッション不良でお悩みの方は是非ご相談下さい
できる限りのサポートはさせていただきます

対象車両情報

初年度登録年月平成21年メーカー・ブランドアルファロメオ
車種アルファ147グレード2.0 ツインスパーク セレスピード
型式ABA-937AB

この作業実績のタグ

店舗情報

アオフガーベ オートプロダクト
〒503-0856 岐阜県大垣市新田町3-21
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9744-1664
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

アオフガーベ オートプロダクト

認証工場:岐第6848号

欧州車のことならとにかくご相談ください。タイミングベルト交換・クラッチ交換等 輸入車専門店

レビュー
  • 5.00
作業実績
638
営業時間
9:00~19:30
9:00~18:00
定休日 
: Aufgabeとは使命・責任という意味。大切なクルマを責任と使命で快適カーライフをサポートします。
住所
:〒503-0856
岐阜県大垣市新田町3-21
アクセス
:大垣インター降りて10分くらいです
無料電話
0066-9744-1664

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約