(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
403件
  • 電装系修理
  • スズキ アルト

2020年07月26日 16:25ABS警告灯点灯 エクスクラメーション(ビックリ)マークも同時に点灯 右後輪ホイールスピードセンサ断線 ABSセンサー交換 スズキ:アルト

メーターにABS警告灯とビックリマークが点灯です。
車両はスズキ:アルトHA25。
この状態でも、ブレーキの制動力は出ますが、アンチロックブレーキシステムは作
動しません。即危険ではありませんが、急ブレーキ時はタイヤの回転がロックする
ので、その際は舵取りが効かない、などの弊害が出ます。
警告の表示について、今回の不具合はABS系でした。が、
エクスクラメーション(通称:ビックリ)マークも同時に点灯してる為、このマー
クが兼用する①パーキングブレーキの解除、②ブレーキオイル減り警告が判らなく
なり、いただけない事になります。
その他、警告灯が点灯したままだと、保安基準で不適合と判断され、車検に不合格
となり、結局、修理は必要となります。
なので、点検修理させて頂く流れになりました。
まずは、診断機でアンチロックブレーキシステムのECUが何を不具合と言ってい
るのかを確認します。
故障コード「C1032」後右センサーの特性異常と判定。

ここで、即センサー交換と行きたいのですが、確証がある程度欲しいです。
その理由は、ABSのECU(コンピューター)自体が損傷していて、判定その
ものが間違って(ウソツキ)おり、騙された経験が数回あります。
それで困るのは、余計な料金が増え、お客様と当方の両方に良くないです。
ECUが損傷する理由の一つに、現在の主流はABSアクチェータユニットと
ECUが一体となってます。その仕切り(ゴムパッキン)部からブレーキオイ
ルがECU側に染み込み、基盤やらを浸食して・・・・です。
余談が長くなりました。
各車輪の車速の読み込み具合を、Gスキャンのグラフを利用して点検。
その様子はこちら↓↓(走行し、助手席側で画面を撮影)
https://youtu.be/VcSGK7Ynpa4
右後輪の車輪速度を読めていません。
センサー側の抵抗を確認する為、車両をリフトアップ。
車体側ハーネスとの接続コネクタを外し測定すると、センサーの断線(OL:
オーバーロード)で間違いありません。

新品センサーは、ABSセンサー(コイル)に抵抗がある事がわかります。
取替時のポイントは、
ハーネスが、リヤ・トレーリングアームに沿う形で取り付いており、曲がりの角
度やハーネスの逃げなど、考えられた形になってます。
「あれ?どこだっけ?」予防に、一気に外さず、「外しながら取付ける」の平行
作業だとやり易いです。

残るは、故障コードの消去です。
車によって変わります(Gスキャンが未対応?)が、スズキ車の多くは、ABSに
関して、走行してOKになった事をECUが認識しないと、ABS警告灯は消えて
くれません。(知らないと焦ります)
チョット走行。
警告灯が消去。
作業完了となります。

対象車両情報

メーカー・ブランドスズキ車種アルト

店舗情報

(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.90
作業実績
403
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約