(株)カーコンサルエコー

作業実績
597件
レビュー
  • エンジン関連修理・整備
  • ホンダ N-ONE

2023年11月27日 14:20「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「レッカーで運ばれる事になりました」とS様よりご連絡。お車はホンダ:N-ONEのターボ車で、走行距離は13万㌔になります。
走ってる途中で突然、エンジンが止まってしまったとの事。「イキナリで~・・ゴンっというか、ガキャっというか・・。その後は全く、スタートしません」と。
道路の端に何とか寄せられたとの事で、その際、付近にいたの人(救援で車を押してくれたり)からは、凄い音してたよ~と、言われましたと。
工場に搬入され症状確認。スターターを回わそう(IGON:プッシュ)とすると、「キンッ」っと。一切キュルキュルのクランキングはならず。クランクシャフトが完全固着??な感じになります。
バッテリーブースターも試したとのことなので、弊害で電気系の焼けが無いかを、ヒューズボックス周辺と、エンジンルームのハーネスを軽くチェック。
焦げ臭や、明らかな焼け箇所は無く、良かったです。

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

クランクプーリーボルトを、ロングメガネレンチで回してみます。結果は、全く動きません。
カムシャフトの焼き付きであれば、タイミングチェーンの遊びで多少なり動く筈。オートマミッション側が固着であっても、トルクコンバーターなので考えられない気がします・・。ちなみに、エンジンオイル量、オートマオイル量、冷却水(クーラント)量は、悪く無いです。
ここで、ご報告とご相談です。
原因を完全に特定できていませんが、エンジンの損傷と判断します。修理方法は、エンジンとターボチャージャーの双方交換になります・・です。
検索をかけておいた、中古リサイクルパーツの回答が何件か。その内、走行5万㌔でターボ付き、チェック済みの保証付きで、程度良さげな品が。
車両代替えする?か、予算でエンジン載せ替える?か、検討していた中で、載せ替えを行う事でご了解を頂きました。早速手配。

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

エンジンとミッションを一緒に降ろし、中古エンジンへミッションを移し替え。
少々苦労した箇所は、クランクシャフトが回らないので、エンジン側のドライブプレートに、ミッションのトルクコンバーターを固定するボルトです。
諦めて、トルコンが残ったままミッションを外します。フルードがドバ~っと出てきます。次は、ドライブプレートとシリンダーブロックの隙間で、固定ボルトを緩めて~ 何とか外せました。アタフタし過ぎて、画像がありません・・。
折り返しで組付け。各部のチェックと調整。
試運転で、良好を確認でき、ホッとしました。良かったです。
ここから、
不具合の原因特定(興味もアリ)で、分解してみました。
エンジンのオイルパンを取外しみて、ビックリです。
金属の破片がバラバラとあります。

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

冒頭の画像で、オイルセパレーターに、折れたコンロッドが突き刺さってました。
クランクを回す事が出来なかった理由ですね。これか~!でした。
奥には、ピストンスカート部から破断?した、ピストンピン部分と思われる物が見られます。
破損原因は、金属疲労?なのでしょうか。スラッジはありますが、そこまで酷い状況ではありませんので、オイルメンテナンス不足が理由とは言えない気がします。
通称「足だし」は、折れたコンロッドが、シリンダーブロックを突き破ります。そこからエンジンオイルがブバッと出るので、エンジンルームと路面(地面)がオイルまみれになるのが、一般的?な気もしますが、今回は「出て」いません。
内部で済んで、不幸中の幸いであった、と、受け止めても良いかと思います。

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

余談ですが、
私の個人的な体験(20年位前)で、走行中に「足だし」しました。一般道路で、オイルの筋を作ってしまい、救援依頼。木くずと中和剤で、しこたま清掃。その間、交通整理も行い、ご迷惑をおかけしました。他に、近しい知人の場合は、噴き出したオイルが原因で半焼的な火災。ヤベ~っとなって路肩に寄せた所、歩いていた人から「火が出てる!」と教えてもらい、急いで近くのスタンドから消火器拝借。消防車も出動の惨事だったと。
共通して分かってる事は、エンジンの打音です。アイドリングや通常走行ではあまり感じないのですが、回転数が上がった時に、「タタタッン」と音がありました。
クランクかピストンなのかは不明ですが、隙間が大きくなってた状態です。コンロッドの上下運動にプラスで、燃焼圧力がピストンヘッドに加わると、イメージは、ハンマーで叩き続けられる~になりますね。
ただ、今回の事案でS様は、そんな音や感覚は無かったとの事です。
もう一つ余談で、ピストンスカートのコーティングです。
下の画像で、左は、今回のエンジンで破損が無いピストンとコンロッド。右は、スズキ:K6A、のピストンです。

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

「ゴンッ」っとエンジン停止。コンロッドが折損してました。ホンダ:N-ONE

ピストンが上下運動する時、シリンダーライナーと擦れる(油膜で直接接触を避けます)部分のコートです。走行13万㌔だと、サズガに薄くなってますね。
ここからは、あくまで勝手な予想とイメージです。
フライパンのテフロン加工は、無くなったり劣化すると、焦げ付きます。油は必須。これと同様な事が起きる?気がします。なので、定期的なオイル交換で、潤滑性能を落とし過ぎない事で、コートの摩耗も押さえられる気がします。
そして、距離が増えてきたら、尚更、オイルメンテナンスは重要になる気もしました。
普段、エンジンオイルに触れる立場からお伝えできる事として、
5千㌔走行した廃油はサラサラになってます。手に付着しても、親油に比較して、洗い落としやすいです。(ディーゼルは別です)
新油は、洗っても落ちにくく、ヌルヌル感も、全く違います。それほどに、油膜保持と潤滑能力の差を、実際の肌で感じております。

対象車両情報

初年度登録年月平成25年メーカー・ブランドホンダ
車種N-ONE型式DBA-JG1

参考になったらイイね!とシェア!

店舗情報

(株)カーコンサルエコー
指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

作業実績:
597件
レビュー:
61件
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • 4.92
営業時間
月水木金土 10:00~19:00 / 日 10:00~18:00
定休日
火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
1級整備士
-
2級整備士
6人
創業年
昭和 45(1970)年
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0078-6056-1987
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • 4.92
作業実績
597
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日
火曜日

定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
無料電話
0078-6056-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約