ガソリン車用(オイル交換)[2017.12.07 UP]

【超絶実験】エンジンオイルの入れ過ぎは、どんな影響があるか?

 エンジンオイルを多く入れ過ぎたという失敗談は、他人のを聞く分には楽しいが、当事者としては笑えないものが多い。スタンドにオイル交換を依頼したら、新人がやったのかキャップ一杯までフルに入れられたとか、下抜きでミッションオイルを抜かれそのまま規定量追加されたいうヒドイのもあれば、Fラインを少し超えているというカワイイものもある。オイルレベルは、エンジンが停止してから数分待たないと、ヘッドからのオイルが落ちきってないことがあり、急いでレベル合わせしたものでは、大抵が多めになっている。
 オイルが多すぎると、クランクケースの空間が減って、それがピストン下部の上下動の抵抗になるといわれている。また、クランクウェブで油面が叩かれると気泡が多く出て、それがオイルポンプで吸うくらいになると、油圧低下や潤滑不良、油温上昇などの異常を引き起こすことになる。
 それではどれくらい多いとダメなのか?実験してみた。1Lくらいでは、フル加速でも問題なかったが、2Lからちょっとずつ異変が出始める。4Lまで入れると、ブローバイガス経路かピストン系からの進入か明確でないが、白煙とノッキングが凄まじく、1回の加速で壊れるんじゃ?とヒヤヒヤものだった。
※専用施設等において専門家の指導のもと取材しています。

関連情報

エンジンオイル エンジン 音・騒音・異音 車検 臭い メンテナンス・整備・修理 マフラー

3Lでは明らかな白煙発生!とても臭い!!

 あらかじめオイルレベルをFに合わせてから、1Lずつ増量しながら走って排気の変化をチェック。1Lでは、走り、排ガスともに全く変化がなかった。2Lで空吹かしした時に、少し煙が見えたような気もしたが、パワー不足等は全く感じなかった。

4Lではオイルレベルがとんでもなく上にある!ノッキングで壊れそう

 4L!レベルゲージへの付着位置が分からず見直したほど!クランクは完全にオイルにつかっているのではないだろうか? 出だしから吹けが悪く、調子は最悪で白煙モウモウ(ページ最上部のメイン写真がそれ)。オマケにカキーンと甲高いノッキングがして、今にも壊れそう。冷や汗ものだった。

実験結果 ちょっとくらい多くても大丈夫そう

 燃焼室にオイルが入っているため、プラグも真っ黒になった。短時間のテストなので、このくらいで済んでいるが、長期間では白い灰分が付くかもしれない。
 シビアな目で見ると、オイル面はクランクシャフトと50mm程度のすき間を持たせたほうが、内圧変化が少なくクランクがオイルを叩いて起こす回転ロスも防ぐことができる。だが、オイル容量4Lのエンジンで、1Lくらい増えても即トラブルとはなりにくいのでは?と考えられる(保証はしません!)。

提供元:オートメカニック

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.