カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの録画時間の目安

ドライブレコーダーを購入する上で、気になるドライブレコーダーの録画時間ですが、皆さんのドライブレコーダーは何時間対応のものでしょうか?ドライブレコーダーは運転中に何かあった際も証拠としてデータが残るため、多くの人が万が一の事故時などのために設置しています。この録画時間は、利用者の車の使い方によって大きく異なるので、購入する上での大きなポイントとなるでしょう。ここでは、このドライブレコーダーの録画時間の目安について解説していきます。

録画時間の目安とは?

録画時間の目安とは?

録画時間はドライブレコーダーに搭載されているメモリカードの容量によって変わります。例えば、8GBのメモリを使用した場合、平均録画時間として1時間前後の録画時間になるものが多いです (機種によってやや差があります)。ドライブレコーダーを購入した際、説明書にメモリカードの容量によって撮影できる時間が掲載されています。ここで確認していただきたいのはイベント録画時間の部分です。イベント録画時間とは、万が一交通事故が発生した際の録画できる時間のことです。容量が少ないメモリカードの場合、この交通事故が起こった際の録画時間が短くなります。そのため、仕事や旅行などで長距離運転をする場合は、容量大きいメモリカードを使用することをおすすめします。

ドライブレコーダーの録画時間の設定にはどんなものがあるのか

撮影時間(録画ファイル構成)は、ほとんどのドライブレコーダーの場合、デフォルトで3~5分で一つのファイルが生成・保存されるようになっており、これを繰り返し、保存されていくことになります。多くのドライブレコーダーでは、この1ファイルあたりの撮影時間の設定は自由に変更することが可能です。最大撮影時間(保存される動画の時間)は、録画する映像の画質や、使用するSDカードの容量によって異なってきます。画質の設定を変更することにより、最大撮影時間を操作することが可能です。設定に関してはドライブレコーダー本体にある画質を変更するだけなので、初心者の方でも簡単に設定が可能です。

ドライブレコーダーの録画時間を長くするための方法とは

録画時間を少しでも長くする方法として、

・メモリカードの容量を大きくする
・フレームレート(FPS)を落とす

この2つの方法があります。当然ですが、ファイル容量として、メモリカードの容量を大きくすることで、録画できる時間が長くなります。前述した8GBの倍であれば2時間程度、16GBであればその倍となります。また、フレームレートの数値が高い場合、ファイルサイズが大きくなり、容量を使うため、撮影時間が通常より短くなります。フレームレートとは、動画の滑らかさを決める要素を指します。1秒間あたりの静止画の枚数が多ければ、その分だけファイル容量を使うということです。本体の設定でフレームレート(FPS)を調整することが可能な機種もありますので、必要に応じて設定を変更しましょう。録画時間はメモリカードの容量とフレームレートの設定によって変わります。購入したドライブレコーダーの機種によって初期の設定が異なるため、購入後必要に応じて変更しましょう。メモリカードの容量が小さいと、いざという時に録画がしっかりできないこともあるため、長距離運転をする人や、車を頻繁に使う人は最初からメモリカードの容量を大きいものにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.