カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの音声録音機能の必要性とメリット

現在発売中の多くのドライブレコーダーに搭載されているのが、音声録音機能です。運転中の映像記録と共に、音声を録音できる機能ですが、「プライバシーが気になる」「いったいどんなメリットがあるの?」と感じる方もいるのではないでしょうか。もちろん、ドライブレコーダーに音声録音機能が備わっているのには、きちんとした意味があります。ドライブレコーダーの音声録音機能の特徴とその必要性、具体的な導入メリットについて紹介していきます。

ドライブレコーダーの音声録音機能の必要性・メリットとは

ドライブレコーダーの音声録音機能の必要性・メリットとは

ドライブレコーダーの目的は、「運転中のあらゆるトラブルを映像として記録すること」です。車を運転していれば、事故に巻き込まれる可能性はゼロではありません。近年問題になることも多い「あおり運転」や「他のドライバーとのトラブル」も、決して他人事ではないのです。もしもこうしたトラブルが起きた時に、記録されるのが「映像のみ」であったとしたら、重要な証拠を取り逃してしまうことにもなりかねません。事故の前のクラクションや、音から判断できる周囲の状況、ブレーキ音や相手のドライバーとの会話内容など、映像に音声が加わることで、ドライブレコーダーから得られる情報の幅はぐっと広がります。ドライブレコーダー設置の意味を考えた時に、「映像」と「音声」を同時に記録することは非常に重要なことだと言えます。そのため、多くのドライブレコーダーには音声記録機能が搭載されているのです。正しく運用することで、万が一の事態が起きた時でも、自分の状況を客観的に示すための証拠となります。不利な状況から自分を守ってくれる可能性があることこそが、音声録音機能を使用する最大のメリットだと言えるでしょう。

ドライブレコーダーの音声録音機能でプライバシーが気になる場合は?

ほとんどのドライブレコーダーに音声録音機能が搭載されていると知って、「プライバシーの問題はどうなるのか」と疑問を抱く方も多いことでしょう。車内の音が記録されるということは、プライベートな空間で行われた会話なども、全て録音されてしまうということになるため、やはり、気になってしまうと感じる方もいるでしょう。利用者のこうした声に応えて、ほとんどのドライブレコーダーでは音声録音機能をオフにする機能も搭載されています。あらかじめ設定しておく必要はありますが、音声抜きで映像のみを記録することも可能です。

ドライブレコーダーの音声録音機能を使う際の注意点とは

ドライブレコーダーの音声録音機能を使う際の注意点は、「車内の全ての音が、記録されてしまう」ということです。正確な状況を記録するため、高性能な音声録音機能を搭載している機種も多くあります。例えば、車内で発した独り言や鼻歌なども、克明に記録されてしまう可能性が高いのです。もちろん「全ての音を記録できる」という点は、そのまま音声録音機能のメリットにもつながるものですから、「必要なし」と判断することはできません。とはいえ、状況によっては「音声録音機能をオフにする」「映像を再生する時に必要ないのであれば、音量をゼロにする」などの工夫が必要となるでしょう。そのためにも、事前にドライブレコーダーの設定方法や使い方について、きちんと理解しておくことが重要なポイントとなります。現在発売されているドライブレコーダーに音声録音機能が搭載されているのは、映像と共に音声をも記録することで、得られる情報の幅が広がるからです。より正確な情報を得られるという意味で、音声録音機能が果たす役割は大きいと言えるでしょう。ただし車内の音声を録音するということは、プライバシーにかかわる問題が発生するリスクもあります。状況に応じて正しく扱えるよう、また安心して使えるよう、事前に特徴や使い方について、きちんとチェックしておくようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.