カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの駐車監視でバッテリーが上がってしまう原因と対処法

ドライブレコーダーを装着して使い始めたところ、駐車監視中にバッテリーが上がってしまい、うまく機能しなくなる事例があります。バッテリー上がりには、いったいどんな原因があるのか、そしてその際の対処方法を確認していきます。またドライブレコーダーのバッテリー上がりを防止するために、注意すべきポイントも合わせて見ていきましょう。

ドライブレコーダーでバッテリーが上がってしまう原因には何がある?

ドライブレコーダーでバッテリーが上がってしまう原因には何がある?

バッテリーが経年劣化により性能を発揮できず、必要とする電圧を維持できない場合があります。バッテリーが劣化すると、本来の性能を発揮できなくなり、バッテリー上がりのリスクが高まります。なお、定期的にディーラーで点検を行っていれば、バッテリーの状態を教えてくれますのでチェックしてみましょう。また、バッテリーが健全な状態であっても、停車中に電装品が待機電力を消費します。そのため、停車している期間が長くなるとバッテリーが消費されてドライブレコーダーが自動停止するケースがあります。昨今ではたくさんの電装品が装備されおり、駐車中であっても暗電流と称する電力が消費されていますので無視できません。さらに、冬は低温のためバッテリーの性能が十分に発揮できない状態になりやすいため注意したいところです。

ドライブレコーダーの駐車監視でバッテリーが上がってしまった場合の対処法とは

バッテリーが上がってしまったら別の車を用意して、ブースターケーブルで相互のバッテリーに接続すれば、セルモーターを始動させてエンジンをかけることができます。いったんエンジンがかかれば、しばらく走行することでバッテリーを充電することができます。この方法が最も一般的なバッテリー上がりからの救済方法です。もう一つの方法としては、上がってしまったバッテリーを新品と交換することです。交換時期に近い時は、バッテリー上がりを機に交換してしまうのも一つの方法です。バッテリーを交換した場合は、常時電源が外された状態となりますので、電装品のメモリーが初期化されるケースがあるので注意しましょう。どうしても初期化を避けたいのであれば、バックアップ電源を別途用意する必要があります。

ドライブレコーダーの駐車監視でバッテリー上がりを起こさないための対策とは

ドライブレコーダーによっては電圧値をモニタし、一定値よりも電圧が降下したら電源供給を自動停止する機能を活用することができます。また、一定時間が経過したら、自動的に動作を停止するような、タイマ機能を備える電源ケーブルもあります。このように、車の停止中にドライブレコーダーを稼働させ続けるのではなく、バッテリーの消費量を節約する機能を駆使するのが、バッテリー上がりを防ぐ対策の一つと言えるでしょう。ドライブレコーダーの駐車監視の際のバッテリーが上がってしまう原因と対策について解説しました。バッテリー上がりを起こさないためにも、普段からのバッテリーチェックはもちろんのこと、ドライブレコーダー用のバックアップ電源を活用・準備するなどして対策するようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.