カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーのデメリットとは

煽り運転など、危険なドライバーへの対応として、運転中の状況を逐一録画できるドライブレコーダーについて耳をすることが多くなりました。ドライブレコーダーは、運転中の状況や駐車時の車に対する衝撃などが発生した際に録画をしてくれる便利な機器です。そして、事故が発生してしまった場合などの録画した内容を証拠として提出できるなど、異常事態にドライバーを守ってくれる機器でもあります。とは言え、使い方によってはデメリットも存在します。今回はドライブレコーダーのデメリットについて見ていきます。

ドライブレコーダーによってプライバシーの問題が発生する

ドライブレコーダーによってプライバシーの問題が発生する

ドライブレコーダーは車内に設置して、車外の状況を録画することができる機器です。録画した内容は事故発生時の証拠として使用できるなどの用途があります。しかし、ドライブレコーダーは車内に設置されているため、ドライバーや同乗者の会話内容も録音してしまうことになります。プライバシーに関わる内容や、独り言の場合も全て録音されています。プライバシーに関わる内容を含む録画を証拠として第三者に公表してしまうと、ドライバーや関係者のプライバシーも全て明かされてしまいます。ドライブレコーダーを使用する場合は、車内での言動に気を付ける必要があります。

ドライブレコーダーを付けることによって場合によっては運転の邪魔になってしまう

ドライブレコーダーを使用する際には、設置しても運転に支障がない、車内のフロントガラスのルームミラー裏側やダッシュボードの上に設置する必要があります。設置する位置に問題がある場合は、ドライバーの視界を狭めてしまう可能性があります。また、視野にドライブレコーダーが入ることで運転に集中できないなどと、場合によっては運転の邪魔になる可能性も出てきますので、ドライブレコーダーは運転の妨げにならない場所に設置することが大切です。

ドライブレコーダーによって車内の機器に干渉問題が発生する場合がある

電子機器は電磁波を出していますが、これが周辺の機器に対してノイズとなってしまうことがあります。ドライブレコーダーも電磁波を出していますが、ノイズ対策が十分でない機器を選定してしまうと、周辺の機器に干渉しやすい場所に設定した場合、車内の機器に対して干渉問題を発生させてしまうことがあります。ノイズによる干渉が発生すると、カーナビや地デジがうまく映らないことや、運転支援システム(アイサイトなど)の動作に支障をきたす可能性があります。必ずドライブレコーダーを選定する際には、ノイズ対策品がされている機器を選ぶようにしましょう。ドライブレコーダーは正しい使い方をすることによって、はじめてドライバーによって有効な機器となります。ドライブレコーダーのデメリットもしっかりと理解して、安全で快適なカーライフを送れるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.