カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの機能

車を運転する日々の中で、今や必要不可欠といわれる機器のひとつがドライブレコーダーです。これから購入しようと思っている人の中には、ドライブレコーダーの具体的な機能を知らない方もいるはずです。今回は、ドライブレコーダーの機能について解説します。

ドライブ中の映像を記録できる録画機能

ドライブ中の映像を記録できる録画機能

ドライブレコーダーの代表的な機能は、ドライブ中の映像を記録できることです。カメラをどこに備えるのかによって変わりますが、フロントガラスにカメラをつけた場合には、自動車の進行方向を映し出し、その模様を記録できます。逆に後方設置の場合には、後方の映像を録画できます。事故などの際に再生、もしくはデータを提供することで、事故原因の追及やどちらの当事者に過失があったのかなどの客観的な証拠映像になります。

録画と共に使える録音機能

最近のドライブレコーダーの中には、音声も記録できるタイプが大半です。交通事故時に音声があることがより証拠能力がより高まる場合もあります。また、車内の音声を録音できるため、家族でドライブをした際に、家族それぞれの会話を残せるので、思い出作りにもなるでしょう。

GPSを使用した車の速度や位置情報など記録できる機能

ドライブレコーダーの中には、GPSで位置情報取得し、走行した軌跡を記録できる機能もあります。あとになって自分が走ったルートを改めて見直したい場合などに、この機能は役立ちます。さらに、GPSとの連動は事故時の証拠としても重要です。どこを走っていた時の映像なのかを示すことができるため、証拠能力としての価値が高まる場合もあります。

盗難を防止できる監視機能

多くの人は、ドライブレコーダーが走行中の映像のみを記録すると考えがちです。エンジンがストップすると同時に録画も止まる機種もありますが、エンジン停止後も録画を継続する機種もあるのです。この機能の利点は、イタズラや当て逃げなどの監視にもなり、警察に被害届を出す際にも役立つでしょう。また、盗難の防止や抑止ができる点です。録画されているとわかると、盗人が犯行を控えることにも繋がります。駐車中にトラブルに巻き込まれないためにも、エンジン停止後も引き続き録画する駐車監視機能が備わっているドライブレコーダーを選んでおきましょう。

運転にアドバイスをくれる案内機能

ドライブレコーダーの中には、運転に対してアドバイスを提示してくれる機能が備わっている機種もあります。ドライブレコーダーは、映像や音声だけではなく、どのような道路をどのような形で走行をしたのかを全て記録するタイプもあります。こうしたアドバイスは、運転技術の向上にも繋がりますので、有効活用していきましょう。映像のみならず音声や走行軌跡などもまとめて記録できる機器もあるのがドライブレコーダーです。事故時に役立つ機能ばかりではなく、魅力的な機能もありますので、ドライブレコーダーを選ぶ際には、これらの機能を把握した上で検討するようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.