カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーで発生するノイズの原因と対策

ドライブレコーダーも電子機器であるため、機器や使用条件によっては、車内の他の機器にノイズによる干渉問題を起こしてしまうこともあります。ノイズによる干渉が発生してしまうと、機器が本来持っている機能を発揮できなくなります。今回は、ドライブレコーダーで発生するノイズの原因と、その対策について解説します。

ドライブレコーダーを設置すると、カーナビなどにノイズが発生するのはなぜ?

ドライブレコーダーを設置すると、カーナビなどにノイズが発生するのはなぜ?

なぜ、ドライブレコーダーを車内に設置すると、カーナビやワンセグなどにノイズが発生するのでしょうか?一般的に電子機器は電磁波を内部から出しており、それがノイズを発生させる原因となってしまいます。例えば、ラジオのすぐ横で携帯電話に電話がかかってくるとノイズ音が発生します。このノイズ音は、電磁波による影響です。そのため、ドライブレコーダーを購入する際に、ノイズ対策品を選定していない場合、ドライブレコーダーの外へ出る電磁波の影響が大きく、結果として周辺機器にノイズが発生してしまうことになります。

ドライブレコーダーの設置によってノイズや不具合が発生しやすいものには何がある?

ドライブレコーダーを設置することによって影響が出やすい機器には、車内に設定しているカーナビや地デジ、そして運転支援システム(アイサイトなど)があります。カーナビや地デジはドライブレコーダーから出ている電磁波を受けることで、受信感度が低くなったり画像が乱れたりすることがあります。これらの機器は特定の電波を受信しているため、ドライブレコーダーから出ている電磁波も受信してしまうことでノイズとなります。また、運転支援システム(アイサイトなど)も電磁波によるノイズの影響を受けることがありますので、ドライブレコーダーの機種選定、設置箇所には注意が必要です。

ノイズが発生した時の対処法、予防法とは?

ノイズを発生させない一番の予防法は、ドライブレコーダー購入時にノイズ対策品を選ぶことです。ノイズ対策がしっかりとされている機種は、周辺機器に与える電磁波の影響が小さいため、ノイズが発生しにくくなります。また、ノイズが発生してしまった場合には、ドライブレコーダーからできるだけ離して設置することで、ノイズの影響を最小限に抑えることが可能となります。ドライブレコーダーによるノイズがひどい場合は、ノイズの影響を受けた周辺機器が正常な動作をしなくなる可能性が高くなります。ドライブレコーダーによるノイズの影響を発生させないためにも、購入時からノイズ対策品を選定するようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.