カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの仕組みとは

私たちの生活に欠かすことのできない車ですが、運転中に思わぬ事態に遭遇してしまうことや、駐車中の車が盗難に遭ってしまうリスクも存在しています。安全に気を付けて運転をしていても、ほかのドライバーも道路上で運転している以上、事故などの事態に巻き込まれるリスクはあります。そんな時にドライブレコーダーで録画された状況証拠があれば、ドライバーを不測の事態から守ってくれる手がかりを与えてくれます。今回はカーライフをより安全で快適にしてくれるドライブレコーダーの仕組みについて紹介していきます。

ドライブレコーダーの役目とは?

ドライブレコーダーの役目とは?

ドライブレコーダーとは名前の通り、運転中の状況を録画する機器です。運転中の状況を録画することで、ドライブ中の景色を観賞できるだけでなく、事故が発生した際には事故当時の状況を動画で残し、必要とあらば証拠として提示できます。また、駐車時に車に衝撃があった場合や人影を検知した際に、録画を開始する機能もあります。運転中はもちろんのこと、駐車中も車周辺の状況を録画してくれる機種もあるので、大切な車やドライバーを守ってくれる役割も果たしています。

ドライブレコーダーの録画の仕組み(録画方式)にはどんなものがあるのか?

ドライブレコーダーの録画方式は、大きく分けると3つのモードがあります。それぞれの仕組みについて紹介します。

常時録画方式

一定の時間内で録画をし続ける機能です。基本的には、運転を開始したら録画を開始できます。

イベント記録

常時記録中に車が外部から衝撃を受けるなど、事故にあった場合に前後の一定期間の録画を別ファイルとして切り出して上書きされないよう保存する機能となります。

動体検知記録

駐車中に動体を検知すると録画を開始する機能です。例えば、車が盗人に狙われた場合、盗難を試みた人間を検知して録画することができます。

ドライブレコーダーの録画した動画が保存される仕組み

ドライブレコーダーで録画したデータは、主にmicroSD内に保存されます。その際、録画方式によって、専用領域(フォルダ)に分けられて保存されるようになっています。常時録画の場合、録画されたデータは常時録画専用領域に保存されます。また、イベント記録や動体検知記録も、それ専用の領域が確保され保存されます。このように、常時録画と、イベント記録や動体検知記録は、別のフォルダに保存されるのが一般的です。一般に常時録画の記憶領域は、いっぱいになった際に上書きにするよう設定されています。ドライブレコーダーを使用する際には、各録画方式の保存の仕組みをきちんと理解し、今現在の保存設定をきちんと認識して使用することが重要です。データ容量がいっぱいになってしまった時のことを考えて、念のために、予備のデータカードを車にストックしておくのも良いでしょう。また、証拠となる映像を録画した場合は、速やかにデータカードを抜いて、PCなどにデータをコピーするようにしましょう。ドライブレコーダーは運転時の状況だけではなく、駐車中でも動作することができます。ドライブレコーダーの機能を理解して、ドライブレコーダーの機能を最大限発揮できるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.