カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの録画の保存期間はどのくらいが目安

ドライブレコーダーは防犯や事故時の証拠動画とする目的で設置されることが多く、取付を検討されている方も多いと思います。ドライブレコーダーで録画を保存できる期間はどのくらいなのか気になる方もいるでしょう。今回は、ドライブレコーダーの録画の保存期間はどのくらいが目安なのかについて解説します。

ドライブレコーダーはイベント録画方式と常時録画方式で録画できる時間が異なる

ドライブレコーダーはイベント録画方式と常時録画方式で録画できる時間が異なる

ドライブレコーダーは大きく分けると常時録画方式とイベント録画方式の2種類の保存タイプがあります。常時録画方式では運転中も停止中も常に録画・保存を続ける一方、イベント録画方式は車体に衝撃があった場合や車体の周囲で不審な動きがあった場合に保存を開始するという特徴があります。常時録画方式の場合は、その名の通り、走行中は常に録画され続け保存されていきます。イベント録画方式の場合は、急ブレーキや衝突した際など、何らかの衝撃が車に加わった際に録画が開始され、前後数十秒間の映像が保存されることになります。なお、動画の保存容量には限度があるため、その限度を超えると上書き保存されていき、常に最新の映像が残されるようになっています。

ドライブレコーダーの保存期間はどれくらいなのか

ドライブレコーダーの保存期間はドラレコにつけているメモリーカードの容量に依存します。常時録画方式にせよ、イベント録画方式にせよ、メモリーオーバーを起こしてしまった場合は自動的に古いデータから新しいデータへ書き換えられていくのが一般的です。そのため、保存期間に厳密な期間はなく、上書きがされるまでが保存期間と言えるかもしれません。尚、ドライブレコーダーの設定で、古いデータに上書きしないような設定も可能です。ただし、上書きしないように設定した場合、メモリーオーバーの際には録画ができなくなるので注意が必要です。録画した動画を残しておきたいのであれば、動画が記録されているメモリーから、パソコンや外部ハードディスクなどに定期的にコピーをして保存しておくようにしましょう。

より高画質で動きをなめらかにする(画素数とFPSを上げる)ほど、録画時間は短くなるので、それに合わせてSDカード(保存媒体)を選ぼう

高画質(HD以上)な映像やFPS(1秒間に撮るコマの多さ)が高いドライブレコーダーは、動画容量も大きくなり、メモリー容量によっては、すぐに容量をオーバーしてしまう傾向にあります。そのため、高性能なドライブレコーダーにおいては、できる限りメモリー容量をオーバーさせないためにも、使用するSDカードなどのメモリーを選ぶ際には、容量が多いものを購入するようにしましょう。ドライブレコーダーの映像は、基本的に上書き保存をされていきます。そのため、ドライブレコーダーの保存期間は、メモリーの容量によって変わってきます。もしもの時に録画データが失われているといったことがないよう、上書き保存の設定を確認し、定期的なデータのバックアップを心がけるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.