カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.11.12 UP]

ドライブレコーダーに使用するSDカードの選び方のポイント

SDカードはドライブレコーダーで撮影した動画を記録するために必須です。多くの市販の機種で、microSDHCか、microSDXCが記録媒体として使用されています。ドライブレコーダーに取付けるSDカードは、どのようなカードでもいいというわけではありません。今回は、ドライブレコーダーに使用するSDカードの選び方のポイントについて解説します。

SDHCとSDXCカードの規格の違いとは?

SDHCとSDXCカードの規格の違いとは?

SDHCカードは、容量が32GBまでのSDカードです。SDXCカードは、SDHCカードよりも容量が大きく、64GBや128GBのものが多く市販されています。高耐久モデルやセキュリティソフト、データ復旧サービス付きなど、用途に応じて選ぶことができます。microと頭につく場合、microSDカードであることを表します。スロットの大きさがmicroSDカードとSDカードでは違い、microSDカードはよりコンパクトで、ドライブレコーダーにも多く採用されています。

容量は8GB以上がオススメ

ドライブレコーダーは、運転するたびに動画を撮影し、保存します。つまり、あっという間に容量がいっぱいになってしまう可能性があるので、SDカードの容量はできるだけ大きいものを選んでおくと安心です。見た目にはどれを選んでも変わらないように見えるSDカードですが、よく見ると数字にGB(ギガバイト)というアルファベットがついています。~GBというのは、記録できる容量を表していて、数字が大きいほど記録領域が大きいことを表しています。容量が大きい分、値段が高くなる傾向がありますので、予算に応じて選んでください。具体的には、ドライブレコーダーメーカーが推奨している容量にもよりますが、8GB~32GBのSDHCカードか、SDXCカードにも対応している場合は64GB以上のを選ぶと良いでしょう。取扱説明書や仕様書、メーカーの公式ホームページでは機器が対応するSDカードの規格について、指定が記載されていますので、種類や容量を間違えないようにしましょう。

性能(Class:保証転送速度)

ドライブレコーダーに取付けるSDカードは頻繁に書き込みを行いますので、データの転送速度が早いほうがいいでしょう。かつて、SDカードは読み書きを繰り返すと書き込み速度が遅くなってしまうことがありました。そこで、データ転送の最低速度を数字で表す「Class」が使われるようになりました。「Class 10」という表示がある場合、「10」の数字の部分は、保証転送速度を表します。例えば、Class2は、読み書きを繰り返しても2MB/s以上の速度を保証しています。Classは2~10まであります。ドライブレコーダーに取付けるSDカードの場合は、多くの機種でClass10が推奨されています。

信頼性の高いSDカードを選ぼう

ドライブレコーダーは、いざという時に事件や事故を記録する大事なメディアです。ドライブレコーダーに取付けるSDカードは、品質管理をきちんとされている製品を選んでください。他社の機器との互換性検証実験が多くされている、データ復旧機能がついているなど、品質管理が徹底されているメーカーの製品は、安心して使うことができます。購入後の製品保証を受ける可能性を考えて、正規品を購入されることをおすすめします。品質管理の実験では、落下耐性や磁気耐性、耐温度、防水性などがテスト項目になっています。ドライブレコーダー本体は、車内に取付けることが多いため、防水性能についてはそこまで意識しなくても良いかもしれませんが、注意すべき点は耐温度性能についてです。真夏の車内は暑く、冬はかなり冷え込みます。ハードな環境でも動作するSDカードであることが必要です。

SDカードの寿命はどれくらい?

メーカー側ではっきりとした寿命は公表されていませんが、残念ながら、SDカードはいつか壊れます。メモリ容量が小さいSDカードは、メモリの容量が大きいものに比べて、頻繁にデータの読み書きがされます。容量がいっぱいになると、メモリを消去して再度書き込みを行うため、消去して書き込む回数が増えれば増えるほど、SDカードの寿命は短くなります。いざという時に壊れてしまうリスクを回避するには、余裕を持って買い換えることが必要です。高温や振動の多い環境で使うものだからこそ、保証期間をすぎたら買い換えて万全の対策を取ると安心です。ドライブレコーダーに取付けるSDカードは、正規品で製品保証のついているものを選びましょう。容量は8GB以上のSDHCカードか、64GB以上のSDXCカード(いずれもClass10、ドライブレコーダーによってはmicroサイズ)がおすすめです。製品説明書や、仕様書でSDカードのサイズ、種類の指定がされていますので、カードを買う前に確認しましょう。ドライブレコーダーの性能を十分発揮できるように、用途に応じたSDカードを選んでください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.