カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.11.12 UP]

ドライブレコーダーで車内撮影・録画をするメリットと注意点

近年では安全意識の高まりからドライブレコーダーの普及が進んでおり、ドライブレコーダーを設置している車をよく見かけると思います。そんなドライブレコーダーは、運転中の外の状況を録画するモデルが普通ですが、中には、車内を撮影・録音できるモデルもあります。そこで、ここではドライブレコーダーで車内撮影・録画をするメリットや注意点をご紹介します。

ドライブレコーダーで車内撮影・録画をするメリット・理由にはなにがある?

ドライブレコーダーで車内撮影・録画をするメリット・理由にはなにがある?

まず、ドライブレコーダーで車内撮影やするメリット・理由については以下の2つがあります。

自分が安全運転していることを示すことができる

相手の過失により事故が起きた時でも、相手がそれを認めずなかなか解決しないことがあります。下手すると、その場で解決せず揉め事が長引くこともありかなり大変です。しかし、車内撮影しているドライブレコーダーがあれば運転者の様子が記録されています。そのため、自分が安全確認をきちんとしていたことや、スマホなどを操作せず法令順守していたことを立証することができます。したがって、自分の無実を証明することに大いに役立ちます。

家族や恋人との思い出や趣味などにも使える

例えば、家族や恋人と旅行に行った時の車内での会話や様子を記録することができます。そのため、記録した映像を自宅に帰った後にテレビやパソコンなどで見て思い出話に花を咲かせることができます。さらに趣味でドライブをしている人は、ドライブ旅行の記録としても使えます。

ドライブレコーダーで車内撮影・録画をする場合、どのようなドライブレコーダーがある?

車内撮影・録画ができるドライブレコーダーはフロントに外カメラが1つ、裏側に車内用カメラが1つ、計2つカメラが配置しているモデルが主流です。高性能なものは車内用カメラの角度を上下左右、自由に動かすことが可能なことが多いです。また他にも、ここ数年でドライブレコーダーが多機能・高性能化が進んだことにより、360度ドライブレコーダーというものも発売されています。これはその名の通り360度カメラが動くので、車内を含めた広範囲の記録ができます。

ドライブレコーダーで車内撮影・録画をする際の注意点とは

ドライブレコーダーで車内撮影・録画をする際に注意する点としては、車内の様子が丸わかりになるため、自分のプライバシーが侵害される、または、同乗者のプライバシーを侵害する恐れがあります。ドライブレコーダーは、映像や音声を鮮明に記録します。楽しい会話なら特に問題はないですが、独り言でぶつぶつ言っていたり、誰かの悪口を言っていたり、などチェックされると恥ずかしい音声もすべて記録されます。そのため、車内撮影・録画をする際には、車内を整理整頓して不審な言動は慎むとよいでしょう。また、他の人を車に乗せる場合は、ドライブレコーダーで車内を撮影・録画していることを伝え、承諾をもらうようにしましょう。車内撮影ができるドライブレコーダーを設置することで受けられるメリットもある一方、プライバシーなどについてのデメリットもあります。車内撮影が可能なドライブレコーダーを購入する際は、その注意点なども考慮したうえで検討することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.