カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2019.04.25 UP]

720度カメラのドライブレコーダーのメリット・デメリット

運転中の事故やトラブルは、いつどこからやってくるか、予想するのが難しいものです。せっかくドライブレコーダーを搭載していても、カメラで撮影できない方向でトラブルが起きれば、意味がなくなってしまいます。より広範囲な撮影が可能なドライブレコーダーが、720度カメラを使ったドライブレコーダーです。どのような仕組みで動き、そして導入メリット・デメリットはどんなところにあるのでしょうか。720度カメラのドライブレコーダーの仕組みや、メリット・デメリットについて解説していきます。

720度カメラのドライブレコーダーとは?どんな仕組みなのか

720度カメラのドライブレコーダーとは?どんな仕組みなのか

「より広い範囲を撮影したい」と思った時に、候補に挙がるのが720度カメラを搭載したドライブレコーダーです。「720度」と言われても、「正直あまりピンとこない」と感じる方も多いかもしれません。720度とは、水平方向に360度、そして垂直方向に360度のことを意味します。車をすっぽりと包み込む「球」のような形で、全方位720度を記録することができます。カメラに搭載するレンズの数を複数にし、さらに広範囲をカバーできるよう工夫を行うことで、映像を組み合わせて、720度全方位のチェックや録画が可能となっています。

720度カメラのドライブレコーダーのメリット

720度カメラのドライブレコーダーを導入するメリットは、「トラブルの瞬間を逃さない」という点です。衝突や煽り運転、事故などのトラブルが、常に自分の「前方」からやってくるとは限りません。720度全てを確認できるドライブレコーダーであれば、どのような方向からのトラブルにも、対応することができます。証拠となる映像を、しっかりと録画してくれるでしょう。ドライブレコーダーを搭載した車が増えている今、カメラの死角を狙ってイラズラを行うようなケースもあるかもしれません。720度カメラであれば、このようなトラブルにも対応できる可能性があがります。

720度カメラのドライブレコーダーのデメリット

720度カメラのドライブレコーダーのデメリットは、「種類が少ない」という点が挙げられます。「好みのメーカーで選びたい」といった要望がある場合、対応は難しくなってしまいます。また、まだまだ非常に珍しいドライブレコーダーであるため、価格が高いという特徴もあります。「720度カメラ」という特徴だけにこだわって、製品選びをしなければならないという点が、最大のデメリットとなるでしょう。しかし、今後は720度カメラを搭載したドライブレコーダーの種類も、徐々に増えていく可能性もあります。そうなれば価格の低下も予想されますから、「いつ買うのか」が重要なポイントとなります。ドライブレコーダーの死角を無くしたいと思う方にとって、720度カメラのドライブレコーダーは、強い味方となってくれるでしょう。まだまだ製品が限られていたり、高価格というデメリットはあるものの、それ以上の安心感を得られるはずです。ドライブレコーダーの導入を考えている方は、是非、720度カメラのドライブレコーダーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.