カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2019.04.25 UP]

ナビ連動ドライブレコーダーのメリット・デメリット

車を運転する際に、運転者の利便性・安全性を高めてくれるアイテムと言えば、「カーナビ」と「ドライブレコーダー」です。これまでは両者を別々に設置するケースも多かったのですが、近年ではナビ連動ドライブレコーダーという、新たな製品も人気を集めています。今回は、ナビ連動ドライブレコーダーのメリット・デメリットについて解説します。

ナビ連動ドライブレコーダーとは

ナビ連動ドライブレコーダーとは

ナビ連動ドライブレコーダーは、カーナビと連動して動くドライブレコーダーのことを言います。ドライブレコーダーは、運転中のトラブルから身を守るため、近年急速に導入が進んでいる機器の一つです。「便利であることはわかっているけれど、使い慣れていないから不安もある」という方も多いのではないでしょうか。ナビ連動ドライブレコーダーであれば、カーナビの画面上でドライブレコーダーの操作を行うことが可能となっています。使い慣れたナビ画面で手早く操作ができますから、様々なメリットが期待できます。

ナビ連動ドライブレコーダーのメリット

ナビ連動ドライブレコーダーを導入するメリットは、以下の通りです。

・録画した画像のチェックをナビ画面でできるので簡単
・ドラレコの操作、設定がナビ画面でできる
・カメラ部分のみなので取付の自由度が増す

ナビ連動ドライブレコーダーであれば、録画した画像を、カーナビの大画面でチェック・操作することが可能です。画像の再生や細かな動作に、イライラすることもありません。また従来のドライブレコーダーは、カメラと操作部がセットになっていたため、比較的大型の作りをしていました。しかし、ナビ連動ドライブレコーダーであれば、カメラ部分が小型化されているため、フロントガラス周辺をスッキリと見せることができます。

ナビ連動ドライブレコーダーのデメリット

一方でナビ連動ドライブレコーダーのデメリットは、以下の通りです。

・メーカーや製品によって、対応できる機能に差がある
・連動対象ナビではない場合、ナビごと買い替えが必要

非常に便利なナビ連動ドライブレコーダーですが、「どのようなことができるのか」という点については、各メーカーが発売している機種によって異なります。「他社製品ではできたのに、この製品ではできない」ということもありがちなので、導入前にしっかりと機能を確認する必要があります。また、すでに車にカーナビを設置している場合、そのカーナビがドライブレコーダーとの連動に対応していない可能性があります。ナビ連動ドライブレコーダーが利用できるのは、対応機種のカーナビのみとなります。カーナビ側が非対応モデルで、「それでもナビ連動ドライブレコーダーにしたい」という場合には、カーナビを買い替える必要があります。この場合、コストが高くなってしまうことが、最大のデメリットだと言えるでしょう。ナビ一体型ドライブレコーダーは、単体のドライブレコーダーと比較すると、操作性に優れているというメリットがあります。しかし、カーナビがナビ一体型ドライブレコーダーに対応していなければ、利用することができないというデメリットもあります。ドライブレコーダーだけではなく、カーナビの買い替えも検討中であれば、ナビ一体型ドライブレコーダーも選択肢の一つに入るでしょう。ぜひ自身の状況に合わせて選んでみてください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.