カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2019.04.25 UP]

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのメリット・デメリット

ドライブ中の様々なトラブルに対応するため、近年人気が高まっているのがドライブレコーダーです。安心・安全のために欠かせないと考える方も増えてきています。レコーダーのみではなく、より便利なアイテムを搭載したいと思う方に人気なのがレーダー探知機一体型ドライブレコーダーです。ここでは、レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのメリット・デメリットについて解説します。

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーとは

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーとは

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーとは、通常のドライブレコーダーにレーダー探知機機能を搭載した製品を言います。ドライブレコーダーで運転中の映像を記録すると共に、全国の取り締まり情報や運転時に見落としてしまいがちな注意情報を、警報でわかりやすく伝えてくれます。「映像を残し、万が一の時のために備える」というだけではなく、「トラブルが起きないよう、事前に警告してくれる」という機能を備えているのが、レーダー探知機一体型ドライブレコーダーの特徴です。

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのメリット

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのメリットは、「二つのアイテムを一つにすることで、車内や配線をスッキリ見せることができる」という点が挙げられます。もちろん取付の手間も、軽減できることでしょう。さらにドライブレコーダーとレーダー探知機の機能を一体化することで、レーダーで探知した情報を、ドライブレコーダーの画面上にわかりやすく表示できるというメリットがあります。画面上で自分に必要な情報の全てをチェックできますから、別々に設置した時のように、混乱することもありません。運転中により集中できることでしょう。

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのデメリット

レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのデメリットとしては、「故障時には、どちらのアイテムも使えない」事態に陥る可能性があるという点が挙げられます。それぞれを別に取付けていれば、ドライブレコーダーは壊れても、レーダー探知機は問題なく使えます。しかし一体型の場合には、両方を一度に失うリスクがあるということを、頭に入れておかなければいけません。また両方の機能を一体化させることで、価格が高めになってしまうこともデメリットの一つと言えます。市場に出たばかりの時期と比較すると、だいぶ低価格になってきているものの、普通のドライブレコーダーと比較すると、やはり高くなってしまいます。低価格のアイテムを選ぼうとすると、画像が荒く、レコーダーとしての役割を果たさないことも考えられます。価格と性能のバランスの見極めが難しいという点も、レーダー探知機一体型ドライブレコーダーのデメリットと言えます。一台でレーダー探知機としても、ドライブレコーダーとしても機能してくれるレーダー探知機一体型ドライブレコーダーは、快適なカーライフを送る上で、非常に便利なアイテムです。レーダー探知機としての性能、ドライブレコーダーとしての性能の、両方の性能を確認しながら選ぶようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.