カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2019.04.25 UP]

ドライブレコーダーのGセンサーとは

万が一、事故に遭ってしまった場合でも、ドライブレコーダーがあることで事故の詳細が録画され、証拠としての有用性が高まるので安心できます。事故に備えて、または、煽り運転などの抑止のために、ドライブレコーダーの導入を検討されている方も多くいらっしゃるかと思います。ドライブレコーダーを選ぶ際によく目にする機能として、「Gセンサー(加速度センサー)」というものがあります。今回は、ドライブレコーダーのGセンサーとはなんなのか、Gセンサーが搭載されていることのメリットや、その調整方法などについて解説します。

ドライブレコーダーの機能にあるGセンサーとは

ドライブレコーダーの機能にあるGセンサーとは

ドライブレコーダーの多くの機種は、エンジンをかけると常に録画をする機種が多いです。これは「常時録画」と呼ばれ、メモリーには容量があるために、「常時録画」は上書きされ保存されることになります。Gセンサー(加速度センサー)を搭載したドライブレコーダーは、ある一定の大きさ以上の衝撃を受けると、その数十秒前から、数十秒後までの録画映像を、上書きされない場所に自動で保存してくれます。一般的に「イベント録画」や「イベント記録」とも呼ばれています。

ドライブレコーダーでGセンサーが搭載されていることのメリットとは

事故が起きた時、一番先に気になるのは「ケガはないか?」「救急車等への連絡」「車の状態」などでしょう。また、事故が発生すること自体、非日常的な出来事のため、混乱してしまう可能性もあります。このような状態では、事故の対応などで手一杯となり、ドライブレコーダーの存在も忘れてしまうかもしれません。もし、Gセンサーが搭載されていないドライブレコーダーだった場合、事故の瞬間の映像は、常時録画にて録画されていることになります。メモリーの容量や機種よって変わってきますが、事故対応などにより、そのまま常時録画を続けてしまいメモリーの容量がいっぱいになると、事故の映像は上書きされてしまうことになります。しかし、Gセンサーが搭載されたドライブレコーダーならば、上書きされない場所への映像の保存を自動で行ってくれるため、事故当時の動画が必要になった際、いつでも録画を取り出すことができます。

ドライブレコーダーのGセンサー感度の調整方法・ポイント

どれくらいの衝撃で「イベント録画」されるかは、機種によって違います。また、同じ機種でもGセンサー(加速度センサー)の感度の設定によって違いが出てきます。ドライブレコーダーのGセンサーの感度は、初期設定として、中間ぐらいに設定されていることが一般的ですが、この感度は何段階かに設定できるようになっており、感度設定を高くしたり、低くしたりという設定が可能です。自転車が多い通りを走ることが多く、ちょっとした急ブレーキなどでもトラブル防止のために「イベント録画したい」という場合には、Gセンサーの感度を高く設定するなど、「イベント録画」を望む状態(感度)を自分で設定するようにしましょう。Gセンサーの感度の設定は、機能設定画面などで簡単に変更することができます。ドライブレコーダーの機種によっても、感度に差があります。そのため、ドライブレコーダー取付けた後、実際にテストなどをしながら微調整すると良いでしょう。Gセンサーを搭載されたドライブレコーダーを設置しておけば、いざという時に安心です。事故という、想定外の出来事において、その衝撃を感知して「イベント録画」をしてくれるGセンサーは、現在では多くのドライブレコーダーに搭載されています。事故などが発生した場合に、上書きされない領域へ動画を保存させるためにも、Gセンサー機能が付いたドライブレコーダーの設置をおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.