その他修理・整備[2020.05.23 UP]

カメラケーブルをテールランプ裏まで取り回す

リヤゲート内に引き込んだカメラハーネス。

既存の純正ハーネスに沿って右ピラーまで取り回す。

右上部の蛇腹ブーツの取り付け穴から針金を押し込み、ピラー下部に引き出してカメラケーブルのコネクターに巻き付ける。

蛇腹ブーツ側の針金端を引っ張ってカメラケーブルを引き出す。

針金を利用して蛇腹ブーツの内部を通し、車体側の穴から車内に引き込む。

そして、右テールランプ裏に引き出す。

電源ハーネスを短縮する

電源はバックランプから分岐するため、セット品の電源コードは長過ぎて扱いにくい。

このため、50mmほど(黒線は150mm)残してカット。

同時にヒューズボックスも20~30mm残してカットする。10mmほど被覆を剥き、熱収縮チューブをはめ込む。

ヒューズボックスの残し線も被覆を剥き、芯線を捻り合わせてハンダを流し込む。

ハンダ付け面に熱収縮チューブをズラして被せ、熱を加えて収縮させる。

ボディアースの黒線にはクワ型端子を取り付ける。

これで取り回しもスッキリする。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.