その他修理・整備[2020.05.23 UP]

水平画角140°の広角レンズによる視野角は確かにワイド!

「マルチVIEWカメラ」で映し出される後方画面は、バンパー直下から後方のかなり離れた場所、さらにボディ後端の左右側面の広い範囲が映し出されるため、バック時の安全確認をより確実に行うことができる。

 このため、バックカメラが未装着のクルマはもとより、すでに装着されているバックカメラの画角に不満を持ったことによる組み替え用途にもおすすめだ。

謳い文句の「水平画角140°の広角レンズがワイドな視野角を実現」は伊達ではない。

映り込み範囲を確認するため画面端に位置する路面にポールを配置してみると……。

広角ゆえ画像は歪んではいるものの、これだけ広い範囲を見渡すことができるのだ。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.