グーネット

整備・修理・塗装・板金[2021.06.22 UP]

W123ベンツちゃん復活大計画 vol.23最終回-1 「効果的なブッシュ交換法を発見」

 北米で出会ってから5年。時には失敗、時には笑いといろいろあったレストアも今回で完了。ボロボロだったベンツちゃんも生まれ変わることができました。往年の姿と走りを取り戻したベンツちゃんの勇姿を3つの記事でお届け。まずはその第1弾!
●文&写真:ハリー山崎

海外サイトで効果的なブッシュ交換法を発見

 ベンツちゃんのリヤサスは、左がトーアウト側、右がトーイン側にズレていたため、前回の作業でサブフレームを支えていたブッシュを交換した。すると操安性こそ劇的に回復したが、トー角度の不揃いまでは……。リヤ側はアライメントを調整する機能はないので、おそらく大元のリヤトレーリングアームを支えるブッシュが劣化しているのだろう。

 そこで今回はその大本の原因を解消すべく、トレーリングアームのブッシュの交換をすることに。まず作業面で問題になるのは、トレーリングアーム取り付けボルトはサブフレームを降ろさないと抜けないことと、トレーリングアームを取り外す際にスプリング(超強力で長い)を外す必要があるため、専用のスプリングコンプレッサーが必要になることだ。

 フロント側を交換した時に、怖い思いをしたので正直いって気が進まない。そこでお得意のネット巡りをしてみたところ、海外サイトで見つけた動画から、かなり有効な方法を見つけることができた。

 やり方としては、サブフレームの後ろ側を下げることでスプリングを緩める方法。これなら面倒な手順を大幅に減らすことができる。投稿主は「限られた年式だけできるかも?」と話していたが、試してみる価値は大いにありそうだ。

古いクルマだけに作業は安全第一で
ジャッキポイントの強度が心配な車両は、2重3重の安全策を講じないと整備事故の原因になることも。また作業フロアの強度も重要だ。

サブフレームは、前方2か所(左右のリアドアの下あたり)と後部1か所(デフ部分)で車体に取り付けられている。前方はそのままの状態でデフ側だけゆっくりと下げる。

ショックなどの周辺パーツを取り外した後、ジャッキを使ってデフを下げると、スプリングが安全に取り外せる状態になった。

左右同時に下げると、位置決めが難しいので、スプリング無しの状態で再びデフ(サブフレーム後部)を車体に取り付けて、その後に左側の前側サブフレームの取り付け箇所のみを外す。

ブッシュの取り付け位置はここ!ボルトのスペース確保を目指す
指で示しているのが、トレーリングアームブッシュの取り付け箇所。ボルトを抜くと車体に当たるため、サブフレームを下げてボルトが抜けるスペースを確保する必要がある。

これが前回交換したサブフレームブッシュ。交換後はサブフレームがしっかりと固定された影響で操安性は劇的に向上。リヤの足回りのリフレッシュも重要だと思う。

目で見る限り、サブフレームやトレーリングアーム、車体側の取り付けブラケット周りには変形箇所が無い。やはり、トレーリングアームブッシュの劣化が原因なのだろうか?

リーズナブルな汎用工具でブッシュ外しにチャレンジ
トレーリングアームのブッシュは、単純にゴムブッシュがアームに圧入されているだけなので、ホームセンターで入手した汎用金具でチャレンジしてみる。

念のため、オリジナルのブッシュ装着方向や向きがわかるようにマーキング。内部のカラーとブッシュは剥離しているが、ブッシュの弾性がまだあるのでズルズルと抜けてきた。

リヤのアライメントのズレの原因はコレだろう。ブッシュが押しつぶされカラーの位置が中心からずれている。たった1mmのズレでもリヤのトー角度に与える影響が大きいはずだ。

新品のブッシュに交換。これで問題は解決できるはず
新品のブッシュを挿入。長ナットを使うほうがブッシュ脱着時には作業性が良い。劣化したブッシュを交換すると、なんだか気分も若返る気がする(笑)

1G状態で本締めを行う作業の山場は乗り切ったかも
ブッシュを交換した後に1G状態のトレーリングアーム角度までジャッキでアームを持ち上げて本締めを行う。作業性が悪い足回りのボルトは、トルクレンチを使用したほうが確実。

左側のサブフレームのボルトを取り付けたら、右側も同じ手順で行う。スプリングが無い状態なので位置決めは行いやすい。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.