車検[2018.08.29 UP]

車検の時に座布団などのアニメティ用品はどうすればいいのか

車内にぬいぐるみを置いていたり、あるいは、車内で快適に過ごすためのクッション、アロマグッズなどを置いたり、装着したりしている方は多いかと思います。それが1個であれば、問題はないように思われますが、たくさんのアニメティ用品などを載せている場合は車検で問題があるのでしょうか?ここでは、車検の際に座布団などのアニメティ用品があった場合、そのまま車検に出しても支障がないのかについて詳しく説明します。

車内に座布団・クッション・人形・ブランケットなどがあると車検に影響を与えるのか

車内に座布団・クッション・人形・ブランケットなどがあると車検に影響を与えるのか

まず、車内の座布団やブランケットなどのアメニティ用品が車検に影響してくる可能性は低いと言えるでしょう。その理由として挙げられるのが、車検の際に行われる車内点検、アメニティ用品についての定義が明確でないからです。車検の際の社内点検で重要なのは操作系等に関してのチェックであり、ハンドルのセンターやガタつき、ブレーキペダルの踏み込んだ際のフロアとのクリアランスの確認、スピードメーターがきちんと見えるか、発煙筒の確認などです。
もしメーターの周りにぬいぐるみなどを飾っている場合や、クッションなどがフロアに転がっている場合などは、きちんと片付けてから車検に出す方が面倒な心配もなくスムーズに車検を受けることができるでしょう。もちろん車検業者に車検を依頼する場合は、問題がありそうな箇所は、便宜上、片付けをしてくれるかもしれませんが、ユーザー車検と一般の車検に関係なく、車検の前には自分でキレイに一度全部取り出してから車検に臨むことをおすすめします。

車検の際に片付けないといけないものはある?

車に飾ってある座布団・クッション・人形・ブランケットなどの小物を片付けなくても特に問題はありません。しかしながら、運転席や助手席に取付けたカーテンなどは、構造によっては車検に通らない場合もあります。視界の妨げになると判断された場合は、車検に通らないばかりか道路交通法第55条第2項の乗車積載方法違反により、罰則規定が設けられています。同様に前方や後方、側方視界を妨げるような大きなぬいぐるみも車検に通らない可能性があります。これらは車検時に取り外す、降ろすのではなく、普段から取付けない・載せないなど留意する必要があるでしょう。また、トランクやラゲージスペースに過度な重量物を積載している場合も、車高が下がってしまったり、荷物の偏りによりブレーキのバランスが合わなかったり、ヘッドライトの光軸がずれ繋がる可能性もあるので、車検をスムーズに行うためにも車検を出す前に片付けておくべきでしょう。

車検の際に座布団などのアニメティ用品はどうするべきなのか?

車検を業者に依頼する際に車内が散らかっていたり、支障が出たりする可能性があれば、業者が車内の簡単な片付けをしてくれかもしれません。しかし、車検をスムーズに実施するためにも、トラブルなく車検を通すためにも、座布団やブランケットなどのアメニティ用品、ぬいぐるみなどは降ろしてから車検に出した方が良いと言えるでしょう。そして、前述の通り、視界の妨げになる可能性のあるカーテンなどは取り外すことをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.