車検[2018.08.29 UP]

車検で重要となるメンテナンスとは

車検の有効期限が近づいてくると、料金や安心感からどの車検業者で依頼するのか、または自分でユーザー車検をしてみようかなど、色々考えることも多いでしょう。車検の料金は車検業者により整備費用も異なり悩みどころです。また必ずしも、広告等で掲示されている料金だけが、車検費用の全てではありません。ここでは、車検の時に重要なメンテナンスとそうではない箇所との違いなどを紹介します。その違いを知ることで車検の料金をもっと安価なものにできるかもしれません。

車検のために重要なメンテナンスにはどんなものがあるか?

車検のために重要なメンテナンスにはどんなものがあるか?

車検のための重要なメンテナンスとは、言い換えれば最低限しなければいけないメンテナンスであるということです。このメンテナンスをしっかりすれば最低料金で車検を通すこともできます。まず、灯火類(ヘッドライト・スモールライト・ウインカー・バックライト・ブレーキランプなど)のメンテナンスです。きちんと動作し、レンズに割れがないか、指定された照度を満たし、指定された色であるかなどのチェックです。また、ヘッドライトは光軸が許容範囲にあるかどうかが重要なポイントです。
次にスピードメーターが正常かメンテナンスします。きちんと動作することは当たり前ですが、実際の速度と表示速度の誤差が設定された範囲内にあるかどうかをチェックします。次に各種保安部品の確認・オイル漏れ・ブレーキ・タイヤの溝の深さ(原則1.6mm以上)・マフラーやジョイント部分から漏れがないかの排気ガス検査・直進性を確認するサイドスリップ検査になります。

車検では実はあまり重要ではないメンテナンス内容とは?

実は車検においてあまり重要ではないメンテナンスはありません。強いてあげれば、消耗部品や油脂類、ワイパーブレードなどは最低限の機能担保という側面では劣るかもしれません。明らかにまだまだ使える部品を交換するとなると、整備費用は割高になると言えるでしょう。また、ディーラー系では車検の時点ではまだマージンがあっても、次の定期点検までに交換が必要となる箇所は交換を推奨するなど、独自の基準を設けている場合があります。そのため、安心感は高くなりますが、整備費用も比例してかさむ傾向にあります。

車検時にやっておきたいメンテナンスとは?

とは言え、消耗部品や油脂類のメンテナンスは車検時に行いたいものです。前述にて、車検のために重要なメンテナンスをご紹介しましたが、あくまでも車検を最低限の費用で通すための観点から、車検項目に該当する箇所を挙げました。しかし、消耗部品や油脂類のメンテナンスが重要度の面でプライオリティが低いというわけではありません。消耗部品や油脂類は走行距離や日々の使用により徐々に劣化していくので、車検時には問題なくても、劣化が進み急に不具合となる可能性もあります。中でもブレーキ関連部品は車検時にきちんとメンテナンスを受けることをおすすめします。ブレーキ関係には、ブレーキオイルの交換やブレーキパットなどのメンテナンスが該当します。他の消耗部品と比べても事故に直結する安全走行に欠かせない重要なパーツなので、ブレーキ関連は極めて重要度の高いパーツとして取り扱うべき箇所と言えるでしょう。車検とメンテナンス自体は別に捉えられがちですが、安全走行の観点からは、できれば同列で扱うことが最良であると言えるでしょう。そのためにも、できるだけ余裕をもって車検費用を用意し、車検に臨むことをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.