車検[2018.08.29 UP]

車検での定期点検記録簿の必要性とは

車を安全に乗り続けるためには、定期的に車検を通すことが必要になります。車検は車が保安基準を満たしているかを確認するものであり、車検によって車の状態が次の車検での安全性を保証するものではありません。車は走行距離や使用年数によって、部品が消耗したり、劣化により故障してしまうことがあります。車が故障してから修理に出すと費用や修理に必要な時間が掛かってしまうばかりか、最悪重大な事故につながる恐れがあります。定期点検を行うことで、車の異常を早期に発見することができ、万一の故障を事前に防ぐことができる可能性が高くなります。ここでは、車の点検履歴を記載している定期点検記録簿について、車検での必要性と併せて説明します。

定期点検整備記録簿とは?

定期点検整備記録簿とは?

定期点検整備記録簿は、24ヶ月点検や12ヶ月点検といった法定点検を行った際に、その点検内容を記した書類です。定期点検整備記録簿には過去の点検、整備の記録が記載されているため、過去に行われた記録内容をさかのぼって確認したり、消耗部品の交換時期を確認することができます。定期点検を行った後は、実施した内容を定期点検整備記録簿に記入します。このようにして過去に実施した車の点検内容の履歴を時系列で確認できるのが定期点検整備記録簿です。

定期点検記録簿にはどのようなことが記載されているの?

定期点検整備記録簿には交換した部品の記録や定められた点検内容が項目別に記載されています。点検する内容はエンジンルームや室内点検、ブレーキやタイヤなどの足廻り、トランスミッションやエンジンのオイル漏れなどの下廻り、ボディやフレームの外廻りの点検項目で構成されています。検査年月日や点検整備を実施した業者名も記載され、整備や修理の内容や交換部品の詳細を時系列で管理することができます。中古車を購入する際には、過去の修理や点検履歴を確認することができるため、非常に重要な書類となります。また、車検を請負う業者にとっても車検を実施する際に、過去の定期点検の履歴がわかるため、車両の状態やパーツ交換の有無を把握するためにも欠かせない書類です。

定期点検記録簿は自分で書くものなの?

定期点検整備記録簿の記入に関しては、特に法令で規定されているものではないので個人でも業者でも行うことができます。例えば、自分で車検を通すユーザー車検の場合は、業者で点検を行わずに自分で点検を行うため、記録簿も自分で作成することが必要になります。しかし、点検項目の中にはドラムブレーキを分解したりするなど、専門的な知識と経験が求められる箇所があります。そのため、専門的な知識を持っていない個人が単独で定期点検整備記録簿を作成することは非常に困難ですし、それ以前に整備を実施するのも安全・技術面から見ても現実的ではありません。そのため、定期点検整備記録簿の作成は、定期点検を整備工場や車検業者などの専門業者に依頼するのが安心でしょう。車検の方法として、自分で車検を通すユーザー車検もあり、専門業者に依頼をしなくても車検を通すことができるようになっています。ユーザー車検でも前後の点検整備は必要になりますが、車の構造や点検整備に自信がない場合は、車を安全に乗るためにも専門業者に定期点検の相談や依頼をすることが大切です。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.