車検[2018.08.29 UP]

車にルーフボックスを取付けたままで車検は通るのか

車の上に装着するルーフボックスは、アウトドアスポーツやキャンプなどの際に、様々な物を入れておく事ができるので大変便利なアイテムです。しかし、気になるのが車検時の扱いではないでしょうか。車検を受ける際は色々と規制がありますが、このルーフボックスを乗せたままで車検を通す事ができるのか気になります。ここでは、車検時にルーフボックスを乗せたままきちんと通す事ができるのか、詳しく紹介します。

荷物を車に積むのに便利なルーフボックス

荷物を車に積むのに便利なルーフボックス

アウトドア用品やスキー・スノーボードなど、スペースを取られる荷物でも、邪魔にならず収納できる大変便利なアイテムとして、車の屋根に取付けるルーフボックスがあります。荷物を車の中に入れていると見た目にすっきりしないばかりか、座席やカーゴスペースを占領して、場合によっては乗車定員数の人数が乗れないという事が発生してしまうかもしれません。そんな時に、荷物専用のルーフボックスを車の屋根に取付ける事で、荷物収納のスペースを確保する事ができ、車内もすっきり広々して、快適に過ごすことができます。また、アウトドア用品だけではなく、色々と荷物を詰め込む事ができるので、趣味以外の用途でも様々なシーンで活躍する人気のアイテムになっています。

車検時ルーフボックスはそのままで大丈夫なのか?

そこで気になるのが、車検を受ける際、ルーフボックスはそのままで良いのかという事です。車検には様々な規定がありますが、規定の範囲を超えてしまうと車検に通らなくなってしまいます。ではルーフボックスはどうなのでしょうか。基本的に、ルーフボックスは普通に市販されているものであれば車検でも問題ありません。国の定める規定では、リベット止めや溶接などではなく、ネジ締めのクランプタイプやボルトでの固定など、簡単に脱着できる物であれば問題なく、そのまま車検を通す事が可能です。ただし、ガタツキがなく、きちんと装着されている事が前提となります。

車検を通すための正しいルーフボックスの取付方法とは

まず、ルーフボックスを取付ける際には、ルーフボックスを載せるためのベースとなるベースキャリアが必要になります。ベースキャリアはルーフボックスの土台となる部分であり、この上にルーフボックスを固定して使用します。このベースキャリアは装着の届出が不要である指定部品のため、そのまま車検を通す事ができます。ただし、いくつか規定があるので注意が必要です。道路交通法施行令第22条では、荷物を積んだ際に前後は車体の長さに対して1割、幅は車体の幅以内、地面から3.8m超えてはいけないという定めがあります。そのため、この規定に合わせてベースキャリアを選ぶ事が大切です。ルーフボックスを取付ける際は、固定方法やフィッティングの観点から、基本的にベースキャリアとルーフボックスは同じメーカーの物になります。ベースキャリアを取付け、その上にルーフボックスを置いて固定していく形になります。実際の取付方としては、使用するベースキャリアにより異なりますが、一般的にはネジ締めのクランプでベースキャリアに固定する方法となります。尚、平成21年1月1日以降に製造・登録された定員10名未満の乗用車にキャリアを装着する場合は、「道路運送車両の保安基準」の改正にともない、外部突起に係る基準が設けられています。車検を問題なく通すためにも、外部突起規制に適合しているベースキャリアを選ぶ必要があります。ルーフボックスは、実用性の高い、あると大変便利なアイテムです。取り外しが簡単にできる物であれば車検時にそのまま装着して通す事ができますが、普段使用する際は、駐車スペースの高さに留意し、落下しない様にきちんと取付をして使用する事が大切です。また、車種によっても使用する事ができるタイプとできないタイプがあるので、きちんと装着可能かどうか、その点も注意しながらルーフボックスを選ぶ様にしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.