グーネット

車検[2018.08.29 UP]

自賠責保険と車検期限がずれている理由とは

自賠責保険は、被害者保護の観点からもドライバーを不測の事態から守ってくれる大切な保険です。自賠責保険に加入していない場合、車検を通すことができません。また、自賠責保険に未加入で車を運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、併せて違反点数6点が付され免許停止処分となってしまいます。非常に大切な自賠責保険ですが、車検期限と必ず一致するわけではなく、有効期間がずれていることがあります。ここでは自賠責保険と車検期限のずれについて説明していきます。

自賠責保険と車検期限がずれるのはなぜ?

自賠責保険と車検期限がずれるのはなぜ?

新車購入後の初回車検は3年、その後は2年となっていますが、車検を通すには自賠責保険に加入していることが前提となります(自家用乗用自動車の場合)。自賠責保険は1ヶ月単位で契約可能ですが、車検の有効期限に合わせて契約期間を決めるのが一般的です。そのため、新車なら3年、新車登録後の初回車検後は2年で自賠責保険を契約していると思いがちです。しかし、実際は車検期間が3年なら37ヶ月、2年なら25ヶ月という具合に、車検期間より1ヶ月ずらして契約することが多いのが特徴です。
もしも、車検を受けている際に整備不良などでやり直しになってしまった場合、自賠責保険が車検期限と同じ期間であると、場合によっては、車検を通す前に自賠責保険が切れてしまう事態が発生してしまいます。車検を通すには自賠責保険に加入している状態が必須であり、車検が切れた状態では公道を自走することもできず、自賠責保険の失効により余計な手間がかかってしまうことになります。このような事態を防ぐために、自賠責保険と車検期限にずれがあるようにしているのです。

自賠責保険と車検期限にずれがない状態の場合、どんなことが考えられる?

通常は自賠責保険に車検期限との余裕を持たせるため、1ヶ月のずれを持たせていることが多いですが、ずれがない状態の場合にはどんなことが考えられるのでしょうか?車検を依頼する際には、通常、この自賠責保険も同時に更新することになりますが、つい依頼先の業者などに任せっきりになってしまい、自賠責保険の契約期間をきちんと確認することを怠ってしまうこともあるかもしれません。自分では1ヶ月のずれを持たせて自賠責保険を契約したつもりでも、この時に自賠責保険を何ヶ月契約更新するのかを把握してないと、自賠責保険と車検期限にずれがない状態が発生してしまうことも考えられます。もちろん、自賠責保険に加入するにも費用が掛かってきますので、経済的な理由などから、意図的に自賠責保険と車検期限にずれがない状態で契約することもあるでしょう。それ自体は問題はありませんが、ずれがあることをきちんと把握し、リスクなども理解しておく必要があると言えます。いずれにしても、車検の時期になって自賠責保険と車検期限にずれがないことによって慌てることのないよう、車検の際や、車を購入した際には、自賠責保険の期限をきちんと確認することが大切です。

自賠責保険と車検期限にずれがない場合、車検時に注意する点は?

自賠責保険と車検期限にずれがない場合、順調に車検が通れば問題はありません。しかし、万が一再整備が必要になる場合は車検を通すことができないので、車検と自賠責保険の期間にずれがない場合は、自賠責保険の期限が先に切れてしまう恐れがあります。何らかの事情により車検が先に切れてしまった場合は、絶対に車を運転せずに車検業者などに相談するなり対処する必要があります。自賠責保険と車検期間にずれがない場合は、余裕を持って事前に整備を受けるなど、車検が一回でスムーズに通るように留意することが大切です。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、 自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.