メンテナンス・日常点検[2015.04.04 UP]

車のフロントガラス(窓)に付着した霜の正しい取り方と対策方法

車のフロントガラス(窓)に付着した霜の正しい取り方と対策方法 goo-net編集チーム

冬の寒い朝、さあ出発しよう!と思ったらフロントガラスが真っ白!
すぐに出かけたいのに、どうしよう…。
そんな経験はありませんか。

これは、夜間に空気中の水蒸気が凍結して、
フロントガラスに張り付いたもので、「窓霜」といいます。

関連情報

霜の正しい取り方

慌てた初心者がやってしまいがちなのは、
「熱湯をかける」ことですが、これは厳禁です。
フロントガラスが傷ついてしまいます。

では、どんな方法が良いでしょうか。

1.ぬるま湯をかける

だいたい30℃くらいのぬるま湯を上から流しかけます。
ただし、寒さの厳しい土地ではすぐに再凍結してしまうことがあるので、
車内エアコンと併用するなどの工夫が必要です。

2.専用のヘラを使う

霜を削り落とす専用のヘラ(霜取りスクレーパー)でこすります。

手軽で何度でも使えるのが利点ですが、
力をかけ過ぎて傷を付けないように注意して行いましょう。

カー用品ショップなどで購入することができます。

3.解氷スプレーを使う

スプレーを噴射することで、すぐに霜をとることができます。
これもカー用品ショップなどで購入できます。

ただし使用のたびに購入することが必要なので、
寒冷地ではコストパフォーマンスがよくありません。

他のやり方を併用しつつ、
いざという時に使えるようストックしておくのがお勧めです。

4.車内エアコンの暖気で溶かす

エアコンを、ガラスの曇り取りの時に使う「デフロスター」にします。

薄い霜ならすぐに効果がありますが、
分厚い霜の時には、数分間の暖気運転が必要となってしまいますので、
他の方法と併用しながらが良いでしょう。

霜の対策方法

霜の取り方は押さえておきつつも、
フロントガラスに霜を付着させないことが大事です。

凍結防止のカバーや毛布などをかけてフロントガラスを覆う方法、
前述の解氷スプレーや、水をはじくコーティング剤などを、
予め塗布しておくというやり方があります。

フロントガラスが汚れてデコボコしていると、
それをきっかけに霜が成長していってしまうので、
表面を磨いておくことも予防のひとつです。

冬の時期は、翌朝の天気予報を確認する習慣を付けましょう。

「放射冷却により冷え込みが強まる」「湿度が高い」などの条件がそろうと、
霜が降りる可能性が高くなるので、事前に対策を打つことができます。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.